MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

陽が大きく傾き、伊豆の山陰に姿を消そうとする午後5時。船の引き波に紛れて「確信」までには至らなかったアタリに一縷の望みを託したラスイチの巻き上げも残りわずか。残り10mであえて巻き上げを停止すれば、ラインの角度は見る間に浅くなってくる。程なく海面下に見えて来たのは白い影。「ウォォォォー」富戸沖に勝利の雄叫びがひびいた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

最後の最後で咲かせた一輪の真紅の美しさ

2009年以来、ひさびさに釣り上げた富戸沖のベニアコウ。小ぶりな1匹だったが、やはりベニを手にする感動は大きい。

せっかく本命を掛けたが…、サメにシッポを食われてしまった。本命のアタリか確信が持てず、待ちすぎてしまった。

吉博船長は、船宿記録を更新する64㎏のアブラボウズを釣り上げた。

ポイントの水深は約1000m。スカイツリー+東京タワー分の深さだ!

オモリは2㎏。それでも投入から着底まで10分以上かかる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・富戸港「ひろし丸」。

2009年の筆者初釣り以来、荒天や超早潮などが続き、さらに昨年はアキレス腱断裂で長期休業。気が付けば丸4年、富戸沖にベニアコウを浮かべていない「ひろし丸」日吉博船長。
1月中旬に久々挑んだ1000mでは自らの手で船宿記録を更新する64㎏のアブラボウズを上げ「前哨戦」を飾り、今期は上昇機運を感じさせる。
2月9日。スカイツリーに東京タワーを重ねた千尋の底に仕掛けを下した筆者達。お約束の「黒提燈」イバラヒゲや深海ザメ、1日数回しかないチャンスを台無しにしてくれるアブラソコムツ。さらに動かぬ潮に奪い喰い…容赦ない超深海の洗礼を凌ぎ切り、最後の最後で咲かせた一輪の真紅の美しさ。
「達成感」に人目もはばからず、全身で歓喜を表現する筆者に日吉船長は安堵の笑みを湛えた。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル