MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

陽が大きく傾き、伊豆の山陰に姿を消そうとする午後5時。船の引き波に紛れて「確信」までには至らなかったアタリに一縷の望みを託したラスイチの巻き上げも残りわずか。残り10mであえて巻き上げを停止すれば、ラインの角度は見る間に浅くなってくる。程なく海面下に見えて来たのは白い影。「ウォォォォー」富戸沖に勝利の雄叫びがひびいた。

perm_media 《画像ギャラリー》東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】の画像をチェック! navigate_next

最後の最後で咲かせた一輪の真紅の美しさ

2009年以来、ひさびさに釣り上げた富戸沖のベニアコウ。小ぶりな1匹だったが、やはりベニを手にする感動は大きい。

せっかく本命を掛けたが…、サメにシッポを食われてしまった。本命のアタリか確信が持てず、待ちすぎてしまった。

吉博船長は、船宿記録を更新する64㎏のアブラボウズを釣り上げた。

ポイントの水深は約1000m。スカイツリー+東京タワー分の深さだ!

オモリは2㎏。それでも投入から着底まで10分以上かかる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・富戸港「ひろし丸」。

2009年の筆者初釣り以来、荒天や超早潮などが続き、さらに昨年はアキレス腱断裂で長期休業。気が付けば丸4年、富戸沖にベニアコウを浮かべていない「ひろし丸」日吉博船長。
1月中旬に久々挑んだ1000mでは自らの手で船宿記録を更新する64㎏のアブラボウズを上げ「前哨戦」を飾り、今期は上昇機運を感じさせる。
2月9日。スカイツリーに東京タワーを重ねた千尋の底に仕掛けを下した筆者達。お約束の「黒提燈」イバラヒゲや深海ザメ、1日数回しかないチャンスを台無しにしてくれるアブラソコムツ。さらに動かぬ潮に奪い喰い…容赦ない超深海の洗礼を凌ぎ切り、最後の最後で咲かせた一輪の真紅の美しさ。
「達成感」に人目もはばからず、全身で歓喜を表現する筆者に日吉船長は安堵の笑みを湛えた。

以上の記事は「つり丸」2013年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル