MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶品アジを釣るなら今がチャンスだっ!【東京湾・久里浜沖】

絶品アジを釣るなら今がチャンスだっ!【東京湾・久里浜沖】

「今年は久里浜沖でよく釣れています。しかも今年のアジは色も形もツヤも本当によくて、モッチリとしていい品物ですよ」と話すのは、小柴港「小金丸」の小山満寿夫船長。「小金丸」といえば、周年アジ狙いで出船するこだわりの船宿として知られる。その小山船長がそう太鼓判を押すのだから、間違いない。本当にいいアジなのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》絶品アジを釣るなら今がチャンスだっ!【東京湾・久里浜沖】の画像をチェック! navigate_next

極上のアジが、多少のムラはあるものの十分に土産になるぐらい釣れている。状況がよければトップ50匹以上!

幅広で色ツヤ最高のアジが釣れてます。もちろん脂が乗って甘みもあって、味も最高です!!

慣れた人たちは、掛かりどころがよければどんどん抜きあげてしまう。貴重なアジなので、初心者は無理せずネットを使おう。

こんな立派なアジがダブル! これで夕飯は十分です。

ポイントは久里浜沖の100m前後。アジのモノがいいので、釣れている限り久里浜沖を攻めるそうだ。

どうです、このアジ! 型もいいし、ムチムチだ。

本当に惚れ惚れするアジですね!

オマツリはお互いさま。予備の仕掛けは多めに用意しておこう。アオイソメも忘れずに!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「小金丸」。

「今年の久里浜沖のアジは色ツヤがいいし、幅広で型もいい。びっくりするぐらい本当にいいアジだよ」
周年マアジだけにこだわって狙い続ける小柴港「小金丸」小山満寿夫船長が言うのだから間違いない。実際にこのアジを食べてみると、刺身をは醤油につけると脂がパッとはじけ、ひと噛みするごとに甘みがたっぷりと出て、ん~~~、もうシアワセ!
そんな極上のアジが、多少のムラはあるものの十分に土産になるぐらい釣れている。状況がよければトップ50匹以上! だ。
「いまの時期は水深100m前後を狙いますが、水深が深いと疲れるから嫌だ、と敬遠する人が多いようです。でも実は逆なんです。深いからこそ群れが大きく固まっているので、初心者の人も釣りやすいんです。最近は道具も軽いから、全然大変じゃないですよ」と小山船長。初心者が入門するなら、今こそチャンス!というわけだ。
「久里浜沖で釣れている限りは狙っていきますよ」とのこと。最高に美味しいアジを釣るなら“今”です!

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル