MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

周年アジが狙える相模湾。春は特有の濁り潮が入る時期でもあるが、これがアジ釣りではいい結果をもたらす。「すでに潮は濁りが入っています。潮が濁った日が何日も続くようになると、アジは安定して数釣れるようになると思います」と話すのは大磯港「とうふや丸」の関野幸男船長。

朝は入れ食い。時間が経つにつれて食いは落ちたが、全員が30匹以上というまずまずの釣果だった

シマノ「フォースマスター1000MK─HD」のラピッドファイアハンドルドラグを利用してタナを取り直す永井名人。

コマセ釣りの基本と言われるビシアジ。コマセワークが大事だ!

まだ空気が乾燥しているので、干物を作るのもおすすめ!

目下のポイントは、大磯港からすぐの瀬ノ海。

芝ちゃん」こと本誌ライター・芝真也さんの取り込み。時間帯によってはサバがポツポツまじった。

食いの立っている時間帯は、手返しよく投入すれば、多点掛けが連発した!

コマセはイワシミンチ。相模湾では、ポリビシがよく使われる。

アジ仕掛けは2〜3本バリ。

付けエサはアカタン。アオイソメも用意すれば万全。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「とうふや丸」。

「潮が濁り始めていますね。これが何日か続いて安定すれば、アジは好調に釣れるようになります」と話すのは大磯港「とうふや丸」の関野幸男船長。
相模湾は、春になると特有の濁り潮が入る。この濁り潮が春の好釣をもたらすカギとなるのだ。取材は2月の最終週に敢行。若干、潮が濁っている状況で、朝は入れ食い。時間が経つにつれて食いは落ちたが、全員が30匹以上というまずまずの釣果だった。取材後は上向き傾向で、3月3日にはトップ58匹を記録。これからがますます楽しみだ。
そして春のビシアジ船では、船長の了解を得ることができれば、ハモノ狙いやゲスト狙いもおもしろい。ハモノ狙いでは、ヒラメ、ブリ、イシナギが期待できる。ゲスト狙いでは、ヤリイカ、メダイ、マダイ、各種根魚がターゲット。相模湾のビシアジは周年楽しめるが、春はかなりおもしろい!

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読