MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カワハギ釣り大会を開催であります【相模湾・小網代沖】

カワハギ釣り大会を開催であります【相模湾・小網代沖】

連日好調な釣果が出ている終盤戦のマルイカが各地で大いに盛り上がっているが、そろそろこの魚も気になる頃。カワハギだ! 7月中旬、その開幕を今か今かと待ちきれない釣り人たちが、小網代港「丸十丸」の試し釣りに集結!

カワハギ釣って刺身にして肝醤油でっ! た、たまらんっ!!

大学受験勉強で忙しい綾香ちゃんは久しぶりの釣りでリフレッシュ!

この時期のカワハギは拾い釣り。カンタンではない釣りだが、確実に釣り上げていく。

たとえ不利な釣り座であっても、即座に状況を判断して戦略を変え、確実釣り上げていく宮澤幸則さん。

技ありの一枚! さすがとしか言いようがありません。

この日は小菅裕二船長の厚意で早掛けなどのミニイベントも開催。宮澤さんは3枚の総重量勝負で見事優勝に! 超貴重な「丸十丸」バッチが贈られた。

「新製品のAGSボトムはもちろん、このオモリもかなりいいですよ!」名手・萱沼昌樹さん。

多種目賞は激臭メゴチを含む11目を釣り上げた五ノ井力さん。カワハギはダブルも!

田淵雅生さんは「極鋭カワハギ・レッドチューンAGSボトム」で釣りまくる!

いつも陽気な梅本さん。ベストスマイル賞を差し上げたい!

早掛け賞では乗船割引券が!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「丸十丸」。

これから迎えるいわゆる夏カワハギのシーズンは大型が出る確率が高いことで人気があるが、水温が高いために群れは散っていて、しかもエサ取りたちの活性も高いために、一筋縄ではいかない難しさがある。もちろん、そこがおもしろいとろこでもある。
しかし、そこはカワハギが気になって仕方のない面々が集まっただけあって、次々とカワハギが釣り上げられた。最大は32㎝!! 短い時間ながら、早掛けや3枚の重量勝負、いかにたくさんの魚種を釣るかなどのミニ大会も行われ、笑顔の絶えない釣行となった。
ただ、なかにはやっぱりマルイカのことが気になって仕方がない人もいるようで(笑)、カワハギ仕掛けの上にスッテをつけて釣る強者も。
「丸十丸」では、いよいよ8月1日から乗合船を開始。さあ、今年も熱いシーズンが始まる!

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
南房エリアは秋から春までロングランでヤリイカ釣りが楽しめるエリア。ヤリイカを狙って出船中の乙浜「信栄丸」では大型まじりで好調をキープ。大型ヤリイカシーズン本番。パラソル級の多点掛けを体感しよう!
多くの魚種を一緒に釣ってしまおう!鴨川江見沖では通常の概念を覆す五目釣りがあると聞く。同じタックルと仕掛けで多魚種が狙える!五目以上の魚種が顔を出す夢の釣りだ!
最新記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読