MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
カワハギ釣り大会を開催であります【相模湾・小網代沖】

カワハギ釣り大会を開催であります【相模湾・小網代沖】

連日好調な釣果が出ている終盤戦のマルイカが各地で大いに盛り上がっているが、そろそろこの魚も気になる頃。カワハギだ! 7月中旬、その開幕を今か今かと待ちきれない釣り人たちが、小網代港「丸十丸」の試し釣りに集結!

カワハギ釣って刺身にして肝醤油でっ! た、たまらんっ!!

大学受験勉強で忙しい綾香ちゃんは久しぶりの釣りでリフレッシュ!

この時期のカワハギは拾い釣り。カンタンではない釣りだが、確実に釣り上げていく。

たとえ不利な釣り座であっても、即座に状況を判断して戦略を変え、確実釣り上げていく宮澤幸則さん。

技ありの一枚! さすがとしか言いようがありません。

この日は小菅裕二船長の厚意で早掛けなどのミニイベントも開催。宮澤さんは3枚の総重量勝負で見事優勝に! 超貴重な「丸十丸」バッチが贈られた。

「新製品のAGSボトムはもちろん、このオモリもかなりいいですよ!」名手・萱沼昌樹さん。

多種目賞は激臭メゴチを含む11目を釣り上げた五ノ井力さん。カワハギはダブルも!

田淵雅生さんは「極鋭カワハギ・レッドチューンAGSボトム」で釣りまくる!

いつも陽気な梅本さん。ベストスマイル賞を差し上げたい!

早掛け賞では乗船割引券が!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小網代「丸十丸」。

これから迎えるいわゆる夏カワハギのシーズンは大型が出る確率が高いことで人気があるが、水温が高いために群れは散っていて、しかもエサ取りたちの活性も高いために、一筋縄ではいかない難しさがある。もちろん、そこがおもしろいとろこでもある。
しかし、そこはカワハギが気になって仕方のない面々が集まっただけあって、次々とカワハギが釣り上げられた。最大は32㎝!! 短い時間ながら、早掛けや3枚の重量勝負、いかにたくさんの魚種を釣るかなどのミニ大会も行われ、笑顔の絶えない釣行となった。
ただ、なかにはやっぱりマルイカのことが気になって仕方がない人もいるようで(笑)、カワハギ仕掛けの上にスッテをつけて釣る強者も。
「丸十丸」では、いよいよ8月1日から乗合船を開始。さあ、今年も熱いシーズンが始まる!

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読