MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
開幕イサキは日に日に上昇、ジャンボ級も狙えるぞ【南房・西川名沖】

開幕イサキは日に日に上昇、ジャンボ級も狙えるぞ【南房・西川名沖】

3月に入り南房のイサキが開幕した。「始まったばかりのときは、コマセにも慣れていないし、ポイントも定まっていないので結構難しいですよ」と、西川名港「竜一丸」の安西竜一船長は言う。取材日はまさに「どう転ぶかわからない」状態の初日で心配されたが、トップ25匹ほどと、上々のスタートを切った。

perm_media 《画像ギャラリー》開幕イサキは日に日に上昇、ジャンボ級も狙えるぞ【南房・西川名沖】の画像をチェック! navigate_next

今シーズンは水温がそれほど上がらず心配されたが、蓋を開けてみればほとんどが30㎝オーバーと良型主体の上々のスタート

シーズン初日となったこの日は口を使ってくれるか心配されたが、いざ蓋を開けてみれば、良型メインの食いにみな満足。

「ダブル、トリプル狙うからね」の言葉どおり追い食いを成功。

丸々と太った魚たちとの再会を喜んだ。

キターッ! たまらん瞬間だ。

「思った以上に大きいのが多いね」

仕掛けはオリジナルがオススメ。ハリス1.5号。

秘伝の付けエサは、配られたらそのままバケツの中で解凍しよう。漬け液はそのままにしておこう。

ビシはFLサイズの60号。調整は下全閉、上は1/3ほど開ける。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・西川名港「竜一丸」。

本格的な春の訪れとともに南房で賑わいを見せるイサキ釣りだが、今年もまた順調に開幕を迎えることができた。
今シーズンは水温がそれほど上がらず心配されたが、蓋を開けてみればほとんどが30㎝オーバーと良型主体の上々のスタート。
「やっぱり最初の頃はコマセにも慣れていないし、水温も安定しないので釣果にムラが出ますが、いい型ばかりのまずまずのスタートを切れました」と、西川名港「竜一丸」の安西竜一船長。
この日は、真沖のやや深場のポイントからスタート。タナは50〜53m。指示ダナよりも3mビシを沈めて、コマセを振り出しながらタナにセット。この動作を数投繰り返した後、今シーズンの〝初物〟が顔を見せてくれた。それほど活性は高くないようだったが、良型ばかりがダブル、トリプルで掛かって一安心。魚探の反応はバッチリのようで、イサキはかなりいる模様だ。
「こんな反応ならバリバリ食い続けてもおかしくないよ」
バリバリとはいかなかったが、予想以上の食いにみな満足顔だ。
「まだ手つかずの場所ばかりなので、これからいろいろ探っていきますよ。近場で40㎝オーバーも釣れるので楽しみです」

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル