MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
猿島沖のメバル、まさに春を告げる好釣スタート!【東京湾・猿島沖】

猿島沖のメバル、まさに春を告げる好釣スタート!【東京湾・猿島沖】

3月になると猿島周りのメバル釣りが解禁となる。このメバルを魚皮サビキと呼ばれる独特の仕掛けで狙うのが地元新安浦港の釣り船だ。

perm_media 《画像ギャラリー》猿島沖のメバル、まさに春を告げる好釣スタート!【東京湾・猿島沖】の画像をチェック! navigate_next

他エリアよりひと月遅れの解禁、サビキ釣りでズラズラズラ〜!!

良型の一荷。おいしいそう!

ポイントは港から至近の猿島周り。

ズラズラズラーっと多点掛けで上がってくるのがサビキメバルの魅力。ビギナーでも気軽に楽しめる釣りだ。

何匹釣れてんだ!? そりゃーもう大騒ぎだ。

トップ40〜70匹とお土産十分。煮付けや唐揚げなど、おいしいメバル料理を楽しもう。

魚皮サビキにメバルが食いついて、小気味いい引きを楽しませてくれる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」。

3月になり、猿島沖のメバル釣りが開幕した。他地区よりも一ヵ月遅れの開始とあって、まるで海の中でメバルが待ち構えていたかのような好調な食いだ。新安浦港の「義和丸」では、出船初日の3月2日はあいにくの強風だったが、釣り人二人で60〜73匹。
翌日3日の取材日にも午前船12〜50匹、午後船13〜40匹と好釣果を上げた。朝のうちは潮が動かず、カサゴ主体に小型メバルがまじるくらいだったが、やがて下げ潮が効きはじめるとメバルの活性はぐんと上がり、3点掛け、4点掛けが連発した。食いがよくなるとサイズもアップし、20㎝前後を中心に25㎝近い良型も食ってきた。アジやカサゴもまじり、クーラーの中はたちまち賑やかになった。
新安浦港のメバル釣りの特徴は魚皮サビキを使うこと。エサ付け不要でオモリも軽く、誰にでも楽しめる釣りだ。貸道具も常備されクーラーひとつで釣行できる。女性子供割引もある半日船なのでファミリーフィッシングにもお勧めしたい。
「今年も魚影は濃いようで、5月の連休くらいまで楽しめますよ」と村上和義船長。別船では午前、午後アジ乗合にも出船しているので、一日楽しみたい人にはメバルとアジのリレー釣りもお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル