MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
パラソル級のラッシュ! すでに全開!! 鹿島沖のヤリイカ【鹿島沖】

パラソル級のラッシュ! すでに全開!! 鹿島沖のヤリイカ【鹿島沖】

例年3月以降に開幕することが多い茨城・鹿島沖のヤリイカが、今シーズンは1カ月以上早く開幕し連日大型のラッシュに沸いている。

開始から大型がポツポツ乗り、突然スイッチが入ったような大型ラッシュも見られた。度々ツノ数分乗るパーフェクトも達成!

ダイワの北本茂照さんは7本ヅノにパーフェクト達成! 「やっぱり鹿島はコレだよね!」

水深が浅いのでシャクリはソフトにやろう。

大型が次々と海面を割った。

左舷側は特に好調だった。とにかくサイズがいい。

ポイント広く今後も有望だ。

「不動丸」はライトタックルもOKだ。イカメタルゲームもOK。

プラヅノは11㎝メインだが、大型が多くなるこれからは14㎝も用意しよう。赤白のスッテじは欠かせないアイテムだ。

大型多くみなさんズッシリと乗り味を楽しんだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第十八不動丸」。

「このエリアのヤリイカは、どういったルートで、どこから群れがきているのかがハッキリとわからないんです」と、鹿島港「不動丸」のヤリイカ船を担当する加瀬秀和船長は言う。
このエリアのヤリイカの特徴は、ときに水深50mよりも浅場に入ってくることだ。そしてそのサイズがよく、浅場で大型の釣りを楽しめるのだ。
「シーズン初めはカンネコの根周りから始まるんですが、いまは平坦な砂地ですから初心者の人でも釣りやすいポイントです」
3月初頭の水深は70〜100mほどだったが、これから水温が上がるに従って、どんどん浅くなっていく。
この日は開始から大型がポツポツ乗り、突然スイッチが入ったような大型ラッシュも何度か見られた。度々ツノ数分乗るパーフェクトも達成された。
「これから水深が浅くなるとライトタックルもおもしろくなりますよ。どんどん挑戦してみて下さい。今年もイカが多いから楽しめます」
今後、一旦メスが多くなり、その後再び大型のオスが多くなるという。夏場までロングランで楽しめそうだ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル