MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】

モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】

『道なき道をゆく』漢(おとこ)心を刺激するこの言葉に感情を昂ぶらせながら、アオリイカ、モンゴウイカを釣るために、上総湊へと車を走らせた。「何言ってんの。ナビが古くて館山自動車道がつながってないだけでしょ」(編)「……」

perm_media 《画像ギャラリー》モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】の画像をチェック! navigate_next

乗船客全員がツ抜けした日もあるほどで、サイズはアベレージで1㎏、最大サイズは2.4㎏の超大型だ

アオリのプレシーズンマッチはモンゴウイカで決まりだ!

衝撃的な乗りを味わえる。

タモ取りが無難。

標準和名はカミナリイカだ。エンペラの縁が緑に光り、スミイカよりも大型化する。

ピンク系に実績が高いという。

筆者も写真を撮りながら8杯も釣れて大満足。

やはりピンクに乗りが良かった。

金谷沖に春のアオリイカシーズンが到来する直前の今、同じポイントで大型のモンゴウイカ(カミナリイカ)が釣れていて注目を集めている。
モンゴウ狙いの上総湊港の船宿では今シーズン、乗船客全員がツ抜けした日もあるほどで、そのサイズはアベレージで1㎏、最大サイズは2.4㎏の超大型だ。
取材日は、トップが13杯と文句なしの好釣果が得られ、その最大サイズは1.5㎏。筆者も取材の合間に竿を手にし、最大1.3㎏を筆頭に、8杯のデカモンゴウイカをゲットした。
モンゴウイカは、ズッシリと手に来る乗り、グイグイと強烈に引く手応えがたまらなく面白い。またそこに餌木のカラーをあれこれと探る楽しさが加わるので、釣趣も満点だ。
取材日は水温がやや低めで、アオリイカの活性が上がるにはもうちょっとというところだったが、このところの釣果には、少しずつアオリイカもまじり始めている。そもそも金谷沖はアオリイカの一級ポイントとして名高いので、期待感が高まる状況だ。まずは今釣れているモンゴウイカをガンガン釣って、間もなく始まるアオリイカシーズンに備えるのもいいだろう。
そして金谷沖のアオリイカシーズンがスタートするXデーのキーワードは「春の彼岸が過ぎた頃」だ!

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のサワラゲームが好調だ!投げて巻くだけ今期大流行のブレードジグがオススメ!サゴシサイズは少なく、2~3kgクラスがアベレージ。
内房のアオリイカが、水温低下と共に乗りが活発化!アタリを出すコツは餌木をシャクリ上げて誘った後のステイ!釣った感抜群のティップランで攻略!
タイラバ&タチウオにブリ狙い!駿河湾・秋の陣!清水「大宝丸」は、タイラバ&タチウオを軸にした自由度の高いリレー船で、駿河湾の遊び方を提案してくれる。
この秋、外房のヒラマサ道場でルアーを始めたいあなたへ!基本タックル&釣法を学ぶ!主役ターゲット、ヒラマサのキャッチが目標だが、秋は多彩なターゲットで遊ぼう!
相模湾東部の長井沖では、10月11日からアオリイカが解禁!長井漆山港「春盛丸」では、餌木のシャクリ釣りとティップランで狙える!イカの王様は食味も王様だ!!
最新記事
イヤゴハタ(スズキ目ハタ科マハタ属)日本海側では富山県・太平洋側では千葉県外房から九州南岸の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、朝鮮半島南岸、台湾、西インド洋に生息する。
ベイトの掛かり抜群でかつハイパワーの落とし込み専用仕掛け「快適落とし込み仕掛けSS LBG」
東京湾のサワラゲームが好調だ!投げて巻くだけ今期大流行のブレードジグがオススメ!サゴシサイズは少なく、2~3kgクラスがアベレージ。
沼津湾の夜タチが好調継続中!沼津静浦港「清時丸」では10月下旬現在もトップ30~40本、いい日には60本以上を釣る日もあるなど釣れ続いている。
茨城・日立久慈沖で中小型マダイ主体の数釣りシーズン突入!本命もゲストもアタリ多く初心者にもオススメ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル