MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】

モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】

『道なき道をゆく』漢(おとこ)心を刺激するこの言葉に感情を昂ぶらせながら、アオリイカ、モンゴウイカを釣るために、上総湊へと車を走らせた。「何言ってんの。ナビが古くて館山自動車道がつながってないだけでしょ」(編)「……」

perm_media 《画像ギャラリー》モンゴウイカでかっ&アオリイカシーズン開幕間近【内房総・上総湊】の画像をチェック! navigate_next

乗船客全員がツ抜けした日もあるほどで、サイズはアベレージで1㎏、最大サイズは2.4㎏の超大型だ

アオリのプレシーズンマッチはモンゴウイカで決まりだ!

衝撃的な乗りを味わえる。

タモ取りが無難。

標準和名はカミナリイカだ。エンペラの縁が緑に光り、スミイカよりも大型化する。

ピンク系に実績が高いという。

筆者も写真を撮りながら8杯も釣れて大満足。

やはりピンクに乗りが良かった。

金谷沖に春のアオリイカシーズンが到来する直前の今、同じポイントで大型のモンゴウイカ(カミナリイカ)が釣れていて注目を集めている。
モンゴウ狙いの上総湊港の船宿では今シーズン、乗船客全員がツ抜けした日もあるほどで、そのサイズはアベレージで1㎏、最大サイズは2.4㎏の超大型だ。
取材日は、トップが13杯と文句なしの好釣果が得られ、その最大サイズは1.5㎏。筆者も取材の合間に竿を手にし、最大1.3㎏を筆頭に、8杯のデカモンゴウイカをゲットした。
モンゴウイカは、ズッシリと手に来る乗り、グイグイと強烈に引く手応えがたまらなく面白い。またそこに餌木のカラーをあれこれと探る楽しさが加わるので、釣趣も満点だ。
取材日は水温がやや低めで、アオリイカの活性が上がるにはもうちょっとというところだったが、このところの釣果には、少しずつアオリイカもまじり始めている。そもそも金谷沖はアオリイカの一級ポイントとして名高いので、期待感が高まる状況だ。まずは今釣れているモンゴウイカをガンガン釣って、間もなく始まるアオリイカシーズンに備えるのもいいだろう。
そして金谷沖のアオリイカシーズンがスタートするXデーのキーワードは「春の彼岸が過ぎた頃」だ!

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル