MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ベストシーズン到来! 東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

ベストシーズン到来! 東京湾のシーバスゲーム【東京湾】

今まさにベストシーズンを迎えている東京湾シーバス。有望ポイントともなれば、東京湾各港から出船した数多くのシーバス船でにぎわっている。

perm_media 《画像ギャラリー》ベストシーズン到来! 東京湾のシーバスゲーム【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

小型ボートの最大のメリットは、少人数でまるでチャーターボートのような感覚で楽しめること

日本を代表する工業地帯である京浜工業地帯。そのダイナミックな風景を攻略していく。

取材日は、オープンエリアのシーバスは低活性…。だがストラクチャー周りをタイトに攻めるとこの通り!

フッコサイズでもよく引く。ルアー入門にも最適なターゲットだ。

コンディションのよいシーバスが増えてきた。

東京湾アクアラインの風の塔。ここもシーバスの格好の棲み処となっている。

メインとなる攻略法はジギング。

ジギングタックルの他にキャスティングタックルも必携だ。

大型乗合船が見られないポイントをキャスティングで攻めるとヒットしてきた。

ジグは60~80gを使用。

シーバス船の多くは、いわゆる漁船タイプといわれる大型船。しかし、今回取材したのは、クルーザータイプ。大型船には大型船のメリットが多々あるが、小型ボートは大型乗合船にはないメリットがる。
最大のメリットは、少人数でまるでチャーターボートのような感覚で楽しめることだろう。船は小回りがきくので、この釣りの最も楽しい部分といえるストラークチャー攻略はお手のモノ。京浜工業地帯のダイナミックな風景のなかを、よりアグレッシブに攻めることが可能だ。実際、取材では他の乗合船が見られない場所をキャスティングで攻め、良型シーバスを引きずり出すといった場面も見られた。
ジギングタックルだけでなく、ぜひキャスティングタックルも用意して欲しい。

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連するキーワード
関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル