MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房のヤリイカ最盛期突入、安定感ピカイチの白浜沖【南房・白浜沖】

南房のヤリイカ最盛期突入、安定感ピカイチの白浜沖【南房・白浜沖】

2月に入ると南房ではヤリイカの季節が始まる。相模湾より東の地区では晩秋からヤリイカ釣りがスタートするが、白浜沖を中心とする南房地区では春がヤリイカの盛期だ。立春を過ぎたあたりから5月の連休にかけて、がんこ山と呼ばれる白浜沖のイカポイントには、各地からヤリイカ船が集まってくる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

140mの瀬から200mの落ち込みにかけては、シーズンを通してイカが居付くポイントで、60〜70杯の釣果を出すこともある

南房もいよいよ本番だ。3月に入って数も伸びて絶好調に。

白浜沖も本番を迎えたが、洲崎沖もかなりいい感じ。

小型もまだ多く、数は心配なさそう。

来たぞ、よっしゃーー!

スルメが多い時間帯も。

プラヅノ11㎝メインで狙う。

オモリが海底に着いたらすかさず糸フケを取る。竿をグィッとシャクってピタリと止めて待つと、ほどなく竿先がふわふわと揺れはじめた。水鉄砲を吐きながら上がってきたのは透き通ったスレンダーボディのヤリイカだ。南房白浜沖ではヤリイカが好調に乗っている。
各地でヤリイカ釣りは盛んだが、白浜沖の強みはその安定度にある。140mの瀬から200mの落ち込みにかけてはシーズンを通してイカが居付くポイントで、手馴れた人なら60〜70杯の釣果を出すことも珍しくない。
乙浜港は白浜沖に至近の港で、ポイントへの航程は30分ほどだ。この日も大中サイズのヤリイカが気持ちよいアタリを送ってきた。
3月から4月にかけて、白浜沖ではヤリイカ釣りの最盛期を迎える。ヤリイカの泳がせ釣りも潮によって可能だ。

以上の記事は「つり丸」2013年4月1日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル