MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】

大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】

外房、勝浦川津沖のマダイがそろそろ乗っ込みか? という好調な食いを見せている。

perm_media 《画像ギャラリー》大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】の画像をチェック! navigate_next

3㎏!4㎏! 5㎏!! 大型ばかりの連発、これは乗っ込み本番か!?

外房勝浦沖のひとつテンヤマダイが乗っ込み開始!? 取材日の3月13日は3〜5㎏クラスの大ダイが連発。乗っ込みスタートか!?

まるで青物のように横走りを見せる大ダイ。ドラグは鳴りっぱなし、これが快感!

こちらも4㎏級の大物だ。

日没直前の夕マヅメに入れ食いになることが少なくないという。

腹パンパンで、いかにも乗っ込みという感じのマダイ。この日最大の5.2㎏だ。

大型連発で、船長がタモ取りに駆け回るシーンも。

サビた魚体にパンパンの腹。乗っ込みが始まった!

エサは「バナメイエビ」という食用の養殖エビを使用。

勝浦川津沖でひとつテンヤマダイが乗っ込み気配を見せている。
3月13日、川津港。午前船は強風と速すぎる潮で釣りづらく、本命は船中ゼロ。ところが午後になると風も止み、潮の流れもやや緩んできた。そして川津沖に鳥ヤマを発見して釣り始めると…。
5.2㎏、4.6㎏、4.1㎏、4.0㎏、3.7㎏と大ダイが連発。さらに1.5〜2㎏前後が7枚、キロ以下が2枚と、船中7人で16枚の大釣りとなった。
川津沖は、例年だと4月から5月にかかて乗っ込みになるが、今日釣れたタイは大きな卵が入っている。すでに乗っ込みがスタートしているのかもしれない。
そして翌14日には7.2㎏の特大サイズも飛び出した。その後も、日ムラはあるものの、ひとたびスイッチが入ると2〜4㎏クラスが連発する状況だ。そろそろ乗っ込みも本番か!? 大型マダイの期待大だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
旬はまさに冬!釣って楽しく、食べて幸せ!超絶美味な肝パンカワハギ!今回は松輪港から出船している「一義丸」さんにお世話になりました。
深海の高級巨魚ベニアコウ!難しいからこそ釣りたくなる!深海釣りの最難関ターゲット!?1000mからの魚信をつかめ!!
東京湾のLTアジが数釣りモード継続中!半日船で連日トップ50オーバーの日が続いている。ビギナーやファミリーにもオススメだ!
海況よければ大型ゾロゾロ!脂の乗りがバツグンで、とにかく美味しい!新島沖のキンメダイ!取材日最大は2.4㎏だったが、3㎏級も珍しくないぞ!!
冬の風物詩!東京湾の伝統的な釣法!シャコエサを使ったテンヤ釣り!久里浜〜下浦沖で好調!最大は700g!!
最新記事
旬はまさに冬!釣って楽しく、食べて幸せ!超絶美味な肝パンカワハギ!今回は松輪港から出船している「一義丸」さんにお世話になりました。
野毛屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
ソーラー電池を採用したカウンター付き万能ベイトリール「攻棚デジソーラーVR」
深海の高級巨魚ベニアコウ!難しいからこそ釣りたくなる!深海釣りの最難関ターゲット!?1000mからの魚信をつかめ!!
沼津静浦港「幸松丸」では、エサ釣り・ジギング&ワインド・サーベルテンヤ・タチウオテンヤまで、同乗してすべての釣り方が楽しめる夜タチウオ釣りが大人気!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル