MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】

大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】

外房、勝浦川津沖のマダイがそろそろ乗っ込みか? という好調な食いを見せている。

perm_media 《画像ギャラリー》大型連発! 川津沖のマダイが乗っ込みか?【外房・川津沖】の画像をチェック! navigate_next

3㎏!4㎏! 5㎏!! 大型ばかりの連発、これは乗っ込み本番か!?

外房勝浦沖のひとつテンヤマダイが乗っ込み開始!? 取材日の3月13日は3〜5㎏クラスの大ダイが連発。乗っ込みスタートか!?

まるで青物のように横走りを見せる大ダイ。ドラグは鳴りっぱなし、これが快感!

こちらも4㎏級の大物だ。

日没直前の夕マヅメに入れ食いになることが少なくないという。

腹パンパンで、いかにも乗っ込みという感じのマダイ。この日最大の5.2㎏だ。

大型連発で、船長がタモ取りに駆け回るシーンも。

サビた魚体にパンパンの腹。乗っ込みが始まった!

エサは「バナメイエビ」という食用の養殖エビを使用。

勝浦川津沖でひとつテンヤマダイが乗っ込み気配を見せている。
3月13日、川津港。午前船は強風と速すぎる潮で釣りづらく、本命は船中ゼロ。ところが午後になると風も止み、潮の流れもやや緩んできた。そして川津沖に鳥ヤマを発見して釣り始めると…。
5.2㎏、4.6㎏、4.1㎏、4.0㎏、3.7㎏と大ダイが連発。さらに1.5〜2㎏前後が7枚、キロ以下が2枚と、船中7人で16枚の大釣りとなった。
川津沖は、例年だと4月から5月にかかて乗っ込みになるが、今日釣れたタイは大きな卵が入っている。すでに乗っ込みがスタートしているのかもしれない。
そして翌14日には7.2㎏の特大サイズも飛び出した。その後も、日ムラはあるものの、ひとたびスイッチが入ると2〜4㎏クラスが連発する状況だ。そろそろ乗っ込みも本番か!? 大型マダイの期待大だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル