MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のマダイ、中大型が多くなり乗っ込み気配濃厚【外房・大原沖】

大原沖のマダイ、中大型が多くなり乗っ込み気配濃厚【外房・大原沖】

大原沖のひとつテンヤマダイは、3月中旬ぐらいから上向き、キロ前後の中型主体にトップ4〜5枚という好釣果が続くようになった。さらにはトップがツ抜けをしたり、4〜5㎏の大型マダイを取り込む船宿もあった。

perm_media 《画像ギャラリー》大原沖のマダイ、中大型が多くなり乗っ込み気配濃厚【外房・大原沖】の画像をチェック! navigate_next

大原沖のマダイが上向き、トップ4〜5枚という好釣果が続く。中にはトップがツ抜け、4〜5㎏の大型を取り込む船宿もあった

美しい魚体。惚れ惚れしますな。

やり取りはマダイとガチ勝負! 引き味がたまらない。

当日最大は、この2㎏オーバー。取材後は3㎏オーバー、4㎏オーバーも取り込まれている。

日が西に傾く頃がゴールデンタイム。当日もこの時間帯に連発した。

フィニッシュはタモで!

当日は全員がキロオーバーを手にした!

キロオーバーだけで4枚ゲット!

この時期よくまじる良型のホウボウ。

マハタも定番ゲスト。

3月中旬、大原沖のマダイが上向き、キロ前後の中型主体にトップ4〜5枚という好釣果が続いた。なかにはトップがツ抜け、4〜5㎏の大型を取り込む船宿もあった。
春は水深40m台から50m台の場所を狙っていく。この時期は反応が浮く、底から10mぐらい上まで探るように狙う。また、春は潮が速い日が多くなる。重めのテンヤやカブラを使って、しっかり底が取れるようにしたほうがいい。また、潮が速いときは早いペースで投入しなおすのがコツだ。
本誌発売時以降の大原沖は、乗っ込み気配ムンムンのはず。とくにマヅメ時には食いが立ち、良型の入れ食いが期待できるだろう。春のマダイ狙いは、大原沖も視野に入れてみてはいかがだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル