MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のマダイ、中大型が多くなり乗っ込み気配濃厚【外房・大原沖】

大原沖のマダイ、中大型が多くなり乗っ込み気配濃厚【外房・大原沖】

大原沖のひとつテンヤマダイは、3月中旬ぐらいから上向き、キロ前後の中型主体にトップ4〜5枚という好釣果が続くようになった。さらにはトップがツ抜けをしたり、4〜5㎏の大型マダイを取り込む船宿もあった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

大原沖のマダイが上向き、トップ4〜5枚という好釣果が続く。中にはトップがツ抜け、4〜5㎏の大型を取り込む船宿もあった

美しい魚体。惚れ惚れしますな。

やり取りはマダイとガチ勝負! 引き味がたまらない。

当日最大は、この2㎏オーバー。取材後は3㎏オーバー、4㎏オーバーも取り込まれている。

日が西に傾く頃がゴールデンタイム。当日もこの時間帯に連発した。

フィニッシュはタモで!

当日は全員がキロオーバーを手にした!

キロオーバーだけで4枚ゲット!

この時期よくまじる良型のホウボウ。

マハタも定番ゲスト。

3月中旬、大原沖のマダイが上向き、キロ前後の中型主体にトップ4〜5枚という好釣果が続いた。なかにはトップがツ抜け、4〜5㎏の大型を取り込む船宿もあった。
春は水深40m台から50m台の場所を狙っていく。この時期は反応が浮く、底から10mぐらい上まで探るように狙う。また、春は潮が速い日が多くなる。重めのテンヤやカブラを使って、しっかり底が取れるようにしたほうがいい。また、潮が速いときは早いペースで投入しなおすのがコツだ。
本誌発売時以降の大原沖は、乗っ込み気配ムンムンのはず。とくにマヅメ時には食いが立ち、良型の入れ食いが期待できるだろう。春のマダイ狙いは、大原沖も視野に入れてみてはいかがだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル