MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】

3月中旬の時点では、剣崎沖のマダイはまだ乗っ込んでいるとはいえない。それでも2月から中小型のマダイが数釣れている。しかも、水深40〜70mの広範囲のポイントで釣れている。いい日にはツ抜けも珍しくなく、「もう乗っ込み?」と思ってしまうような釣果もある。

perm_media 《画像ギャラリー》春マダイの習性と船の戦略を理解して大型を狙え【東京湾口・剣崎沖】の画像をチェック! navigate_next

乗っ込み秒読み段階、本格化を前に数釣り高確率!

永井名人良型ゲット!

やり取りはマダイとガチ勝負! 引き味がたまらない。

清水希香さんはキロ弱のマダイを手にした。

歓喜!

これはハナダイ。ポイントによっては数上がる。

当日は剣崎沖を広範囲に攻めた。乗っ込みが本格化すれば、吉野瀬の水深40〜50mがメインになるだろう。

永井名人はオキアミの抱き合わせで良型マダイを釣り上げた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

関東のマダイポイントの大場所といえば剣崎沖。当エリアも3月中旬の時点では乗っ込み直前、本格化待ちといった状況だ。
「最近(3月中旬頃)は、あちこちのポイントで中小型主体ながら数は出ています。いい日にはツ抜けするときもありますよ。吉野瀬などの水深40〜50mでサイズのいいマダイがコンスタントにまじり出せば始まりの合図だと思います。水温はありますから、もう少しじゃないですかね」とは剣崎松輪「大松丸」の鈴木茂明船長。
当エリアでは乗っ込み本番ともなれば、マダイが浮き、タナが高くなる。それにともなって、多くの船が海面からのタナ取りを行うようになる。「大松丸」もすでに海面からのタナ取りを行っている。産卵前で臆病ながらも浮くマダイ。それを考慮して戦略を立てるのが、春のマダイ釣りでは重要だ。
もう少し、二週間も経てば、俄然おもしろくなっていると思われる剣崎沖。これからは目が離せないエリアだ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル