MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
プレ乗っ込み最高釣! 春の大ダイチャンス継続中【上越・直江津沖】

プレ乗っ込み最高釣! 春の大ダイチャンス継続中【上越・直江津沖】

上越は直江津沖の春のマダイのプレ乗っ込みがいよいよ終盤戦。2月後半から食い始めたが、今期の特徴は掛かればサイズがよいこと。4㎏、5㎏オーバーの大ダイはザラに釣れていた。1〜2㎏サイズが入れ食い、半日で一人20枚以上という年も過去にあったが、今年はサイズがよい分、数より型狙いで多少のバクチ的要素が強いのも事実だ。

perm_media 《画像ギャラリー》プレ乗っ込み最高釣! 春の大ダイチャンス継続中【上越・直江津沖】の画像をチェック! navigate_next

マダイがヒットすれば、2kg以上はザラ。ビギナーでも仕掛けさえ合っていれば、4kgオーバーのマダイも夢ではない

冬の間荒れ狂う日本海もそろそろ穏やかに。凪ぎれば、湖のようだ。

このサイズが当たり前に釣れるのが今期直江津沖の魅力。

ほぼ周年マダイ専門に狙う「第三いしなぎ」。ロッドキーパーは船に着いている。

体高があり脂をたっぷりと蓄えているマダイだ。

大ダイの強烈な突っ込みをロッド&リール、身体全体で受け止めてかわそう。

船長の合図で落とし込みをかけてたら、すぐにヒットした5.5㎏。

海面に浮上した美しい日本海のマダイ。

冬の荒波を乗り越えてきたマダイは勇敢な顔つきだ。

厳しい条件下でもこのとおり。魚影の濃さを証明する釣果だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「第三いしなぎ」。

上越・直江津沖のプレ乗っ込みマダイが最高釣を迎えている。マダイがヒットすれば、2kg以上はザラ。ビギナーでも仕掛けさえ合っていれば、4kgオーバーのマダイも夢ではない。マダイフリークにとっていてもたってもいられない釣れっぷりが連日展開中だ。
「直江津沖の人工魚礁に大ダイの群れがタイトに付いている感じです。プレ乗っ込みが始まってから、すでに1ヵ月以上が経過。魚もスレてきてるのかもしれない。でも、当たればみな大型。チャンスは継続中ですよ」とは、マダイ釣りを得意とする有間川漁港「第三いしなぎ」の岩佐健作船長。みずからマダイ釣りを試し、魚の動きを研究。ソナーをフル活用して、大ダイを確実に釣らせてくれる頼れるエキスパート船長の一人である。
直江津沖のプレ乗っ込みの後半戦の戦略としては、「重い仕掛けでハリスは長め」が有効なようだ。
取材日もけしてよい状況ではないものの、12人全員ヒットボウズなし。とくに変わった仕掛けを使っているわけではなく、船長の指示どおりの仕掛けを全員が使っていたのが印象深い。
この直江津沖のプレ乗っ込みは、4月いっぱい継続するかはわからない。だが、雪代の影響が少ない名立沖なら中型メインだが、数釣りが楽しめる。いずれにしても早めの釣行をオススメする。

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル