MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LT最先端エリアも開幕! マルイカ全開宣言【内房・勝山~館山沖】

LT最先端エリアも開幕! マルイカ全開宣言【内房・勝山~館山沖】

今シーズンの初期のマルイカシーンは相模湾中心に盛り上がっていたが、ここにきて各エリアでいっせいにスタート。そんなエリアのひとつがここ内房・勝山〜館山沖だ。

大型の群れも入ってアツイ! テクニックを身につけて攻略しよう

内房エリアは浅場で釣れるポイントが多くまさにLT向きだ。勝山〜館山沖水深50m前後が現在(3月下旬)のメイン。

「このサイズでもアタリを取って釣ると違うね!」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。

取材当日は小型主体の釣りにゲーム性もアップ。小さいアタリを掛けていった。

群れが濃いとダブルも。

すべての基本は「アタリを取る」こと。竿先をしっかり見てアタリを感じよう。そしてアタリと同時にアワせられるようになればカンペキだ。

大当たりすることがあるのはイエロー系のスッテ。

「まだ始まったばかりで反応を追い切れていないが、だんだんと大型が多くなってきた」とは事情通の声。
取材日は3月中旬。開幕から数日経っていたが、ポイントが定め切れず各ポイントを探る展開に。写真のように小型主体の釣りだったが、「デカいのは確実にいる」という事情通の言葉どおり、取材日から10日も経つと、良型主体の展開に。
3月下旬の段階で水深は50m前後。オモリは40号のライトタックルでねらっているが、40mを切るようになれば30号オモリも活躍する。
このエリアは、1回群れを見つければずっと流しっぱなしということも多い。短時間でも一気に数を稼げる瞬発力の高いエリアと言えるだろう。
このエリアは潮通しがよく、潮が変わるたびに新しい群れが入り、状況が変化しやすい特徴を持つ。
「これからどんどん浅場にも群れが入ってきます。ポイントも近いので誰でも楽しめます」と事情通は語った。
桜の前にマルイカ全開だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
魚種豊富な東京湾で季節に応じて様々なターゲットを釣らせてくれる船橋「Friend☆Ship」田岡船長が、この秋に一押しとしているのは、やはりサワラ&青物の2本立てだ!
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読