MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LT最先端エリアも開幕! マルイカ全開宣言【内房・勝山~館山沖】

LT最先端エリアも開幕! マルイカ全開宣言【内房・勝山~館山沖】

今シーズンの初期のマルイカシーンは相模湾中心に盛り上がっていたが、ここにきて各エリアでいっせいにスタート。そんなエリアのひとつがここ内房・勝山〜館山沖だ。

perm_media 《画像ギャラリー》LT最先端エリアも開幕! マルイカ全開宣言【内房・勝山~館山沖】の画像をチェック! navigate_next

大型の群れも入ってアツイ! テクニックを身につけて攻略しよう

内房エリアは浅場で釣れるポイントが多くまさにLT向きだ。勝山〜館山沖水深50m前後が現在(3月下旬)のメイン。

「このサイズでもアタリを取って釣ると違うね!」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。

取材当日は小型主体の釣りにゲーム性もアップ。小さいアタリを掛けていった。

群れが濃いとダブルも。

すべての基本は「アタリを取る」こと。竿先をしっかり見てアタリを感じよう。そしてアタリと同時にアワせられるようになればカンペキだ。

大当たりすることがあるのはイエロー系のスッテ。

「まだ始まったばかりで反応を追い切れていないが、だんだんと大型が多くなってきた」とは事情通の声。
取材日は3月中旬。開幕から数日経っていたが、ポイントが定め切れず各ポイントを探る展開に。写真のように小型主体の釣りだったが、「デカいのは確実にいる」という事情通の言葉どおり、取材日から10日も経つと、良型主体の展開に。
3月下旬の段階で水深は50m前後。オモリは40号のライトタックルでねらっているが、40mを切るようになれば30号オモリも活躍する。
このエリアは、1回群れを見つければずっと流しっぱなしということも多い。短時間でも一気に数を稼げる瞬発力の高いエリアと言えるだろう。
このエリアは潮通しがよく、潮が変わるたびに新しい群れが入り、状況が変化しやすい特徴を持つ。
「これからどんどん浅場にも群れが入ってきます。ポイントも近いので誰でも楽しめます」と事情通は語った。
桜の前にマルイカ全開だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル