MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
〝小湊サイズ〟のマルイカは健在です!【外房・小湊沖】

〝小湊サイズ〟のマルイカは健在です!【外房・小湊沖】

マルイカって小さいのを引っかける釣りでしょ。もうちょっと大きければいいのに」小型をテクニックで掛けるのも大きな魅力のひとつだが、サイズを所望する声も多い。そんなファンにおすすめなのが外房・小湊沖だ。

とにかくサイズがデカイ。マルイカと言うより「アカイカ」と呼ぶにふさわしいサイズだ。今年は〝ホンモノ〟の気配濃厚

思った以上の近場で楽しめる小湊沖。魚種豊富な海だ。

大型が多いぶんバラシも多くなるが、この日はみな20杯ほど釣れた。

これは「アカイカ」と言った方がいいサイズだが、ここ小湊沖では珍しくないのだ。

取材した3月中旬は水深100m前後の深場だったが、少しずつ浅くなり、最終的には20mほどにも。

朝イチから良型がダブル、トリプルで乗ってくる。

大型の群れにはブランコ仕掛けが大活躍。

おっとあぶない! 触腕に掛かると引きは強くておもしろいが、取り込むまでヒヤヒヤ。

型もいるが、スッテのサイズに比例した乗りを見せる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

写真を見ていただければ一目瞭然。とにかくサイズがデカイ。マルイカと言うより「アカイカ」と呼ぶにふさわしいサイズだ。こんな大型が一度に2杯、3杯と乗ってくるのだ。これらの「アカイカサイズ」を掛けるにはやはり大型のスッテが有利になる。
「反応にぶつけるときは、やっぱりブランコは数がつきます。でも、流しっぱなしの時は、直結や直ブラだと確実に拾うことができます。どちらでも好きに楽しめます」と、小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長は言う。
取材日の3月中旬は水深100mほどの深場だったが、浅くなればライトタックルの活躍の場が広がる。
大きな反応の場合、一気に数がつくブランコ仕掛けだが、少しスレていくとライトタックルの独壇場に。水深が深いうちは、状況に合わせて仕掛けを使い分けるのもひとつの手だろう。ノーマルタックルでは80号オモリを使用していたが、ライトタックルの場合は50〜60号の使用が可能だ。
今シーズンは群れが多く、順調にいけば4月中旬頃には浅場に入ってくるのでは、と船長も明るい展望を予測。
浅場に入っても、イカのサイズは変わらない。つまり、こんなアカイカ級がライトタックルにも乗ってくるワケ。その衝撃のすごさは想像を絶する。そんな大興奮のマルイカ釣りが楽しめるのが、ここ小湊沖だ。

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
グラスソリッド2ピースロッドシリーズ「ショートアーム GS」
東伊豆の川奈沖でシマアジが連発中!伊東港「村正丸」では、連日トップ3~4枚の好釣果!ゲストとしてマダイ、イサキ、大アジとお土産も多彩!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読