MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾マルイカ祭り開催中だぁ〜〜【相模湾・江の島~平塚沖】

相模湾マルイカ祭り開催中だぁ〜〜【相模湾・江の島~平塚沖】

関東のマルイカフィールドで今年最も早く開幕した相模湾では、葉山沖や亀城根周辺など湾東部以外でも順調にエリア拡大中だ。3月中旬には湾中央部の茅ヶ崎沖や平塚沖、さらには西部エリアでも釣れはじめ、サイズもよく連日絶好調である。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾マルイカ祭り開催中だぁ〜〜【相模湾・江の島~平塚沖】の画像をチェック! navigate_next

初心者には最高の状況だが、釣れすぎで中級者以上にはちょっと物足りないかもしれない。それほどの乗りっぷり

マルイカに初挑戦した磯部さちよさん。この笑顔を見ればどれだけ楽しかったか分かるでしょ!

船中だれ一人として乗せていない乗り渋り時に、がんばって乗せた! これはお見事のひとこと。彼女の熱意の賜物だ。

取材日、よく乗ったスッテがコレ。とくにケイムラブルーラインピンク玉と、ケイムラ青玉、ケイムラ赤帽ブルー(オリジナルでちょっとピンク入り)は絶大な威力を発揮した。船数が多い激戦エリアだけに、ハダカ系にアタリが集中していた。状況によってよく乗るスッテは変わってしまうが、取材後もこれらのスッテには好反応という。ぜひ参考に!

一年ぶりのマルイカめっちゃ楽しいッス! 雑魚釣り隊ドレイの小迫剛さんもご満悦。

一昨年からどっぷりマルイカ釣りにハマっているという鯉渕吉弘さん。「アタリわかんね~」とのことだったが、この日でマスターできたかな?

「マルイカ初挑戦なんです!」といきなりダブル! マルイカ最高~。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「多希志丸」。

相模湾中央部に位置する腰越港「多希志丸」は、この日は一直線に茅ヶ崎~平塚沖を目指す。ここで釣れ始めてまだ数日ということもあり、マルイカはスレ知らずでなんと朝からいきなり爆乗り状態となった。
マルイカ初挑戦という磯部さちよさんは、「マルイカ楽し~い!」と満面の笑顔。
初心者には最高の状況だが、釣れすぎで中級者以上にはちょっと物足りないかもしれない。それほどの乗りっぷりなのだ。
「江の島沖にも反応はあるし、もちろん葉山沖や亀城根でも反応はたくさんあります。そのときに一番状況のいい場所に行きますよ」とは鈴木昌則船長。相模湾のマルイカは、早くもパワー全開だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル