MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾マルイカ祭り開催中だぁ〜〜【相模湾・江の島~平塚沖】

相模湾マルイカ祭り開催中だぁ〜〜【相模湾・江の島~平塚沖】

関東のマルイカフィールドで今年最も早く開幕した相模湾では、葉山沖や亀城根周辺など湾東部以外でも順調にエリア拡大中だ。3月中旬には湾中央部の茅ヶ崎沖や平塚沖、さらには西部エリアでも釣れはじめ、サイズもよく連日絶好調である。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

初心者には最高の状況だが、釣れすぎで中級者以上にはちょっと物足りないかもしれない。それほどの乗りっぷり

マルイカに初挑戦した磯部さちよさん。この笑顔を見ればどれだけ楽しかったか分かるでしょ!

船中だれ一人として乗せていない乗り渋り時に、がんばって乗せた! これはお見事のひとこと。彼女の熱意の賜物だ。

取材日、よく乗ったスッテがコレ。とくにケイムラブルーラインピンク玉と、ケイムラ青玉、ケイムラ赤帽ブルー(オリジナルでちょっとピンク入り)は絶大な威力を発揮した。船数が多い激戦エリアだけに、ハダカ系にアタリが集中していた。状況によってよく乗るスッテは変わってしまうが、取材後もこれらのスッテには好反応という。ぜひ参考に!

一年ぶりのマルイカめっちゃ楽しいッス! 雑魚釣り隊ドレイの小迫剛さんもご満悦。

一昨年からどっぷりマルイカ釣りにハマっているという鯉渕吉弘さん。「アタリわかんね~」とのことだったが、この日でマスターできたかな?

「マルイカ初挑戦なんです!」といきなりダブル! マルイカ最高~。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「多希志丸」。

相模湾中央部に位置する腰越港「多希志丸」は、この日は一直線に茅ヶ崎~平塚沖を目指す。ここで釣れ始めてまだ数日ということもあり、マルイカはスレ知らずでなんと朝からいきなり爆乗り状態となった。
マルイカ初挑戦という磯部さちよさんは、「マルイカ楽し~い!」と満面の笑顔。
初心者には最高の状況だが、釣れすぎで中級者以上にはちょっと物足りないかもしれない。それほどの乗りっぷりなのだ。
「江の島沖にも反応はあるし、もちろん葉山沖や亀城根でも反応はたくさんあります。そのときに一番状況のいい場所に行きますよ」とは鈴木昌則船長。相模湾のマルイカは、早くもパワー全開だ!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル