MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年も1月下旬に相模湾を中心にマルイカが乗り出した。これから夏場までの約半年の間、ファンにとってはたまらない季節となる。

perm_media 《画像ギャラリー》今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】の画像をチェック! navigate_next

アタリは小さいが群れは濃厚だ! 全身全霊を竿先に集中し乗せよう! 潮緩めば数釣りもチャンスだ!

もう今シーズンすでに4回目です」という渡辺太吾さんは開始から巧みな技で掛けていく。

渡辺さんはマルイカを始めて4年ほどだというがこの日の状況で24杯はさすが。カワハギの名手でもある。

良い反応に当たるとダブルや回数を乗せることができた。

ポイントは亀城根70〜90mほど。濁りと水温上昇で少しずつ浅場でも釣れるようになる。

「この時を待っていました!」と小澤淳さん。小澤さんは「フィッシング相模屋」のスタッフで、この日は25杯釣ってトップ。

小澤さんもダブルでゲット。この日は後半のほうが乗りが良かった。

各メーカーからニューアイテムが登場。写真はフィッシングショーでのダイワの高槻慧テスター。

オモリは40〜50号を使い分ける。写真は落下が早く抵抗が少ないタングステンシンカー。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

相模湾に春の使者、マルイカがやってきた。
「1月下旬から始めましたがいきなり50杯超えもありますよ。反応はかなりいいです」と、平塚港「庄治郎丸」の船木正人船長は言う。
ポイントは初期の定番、亀城根の70〜90mほど。今年は潮がかなりきれいに澄んでいておまけに潮が速い。そんな決してよい条件と言えない中でも好反応を示しており、まずまず安定した釣果を残している。
この日は前半はポツリポツリの乗りも中だるみ、その後、潮の緩い場所に移動しすると複数回乗せたりダブルもたびたび見られた。
「今年はとにかく潮が速くて間に合わないことが多いよね。でもすぐに反応は見つかるしイカは多いと思うよ。少し深いけど、手巻きでやる人のほうが多いよ」
この時期ながらマイクロサイズもまじってくるかなりテクニカルな展開。いきなり熱くなれること間違いなし。
今シーズンもおおいに期待できるぞ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル