MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年も1月下旬に相模湾を中心にマルイカが乗り出した。これから夏場までの約半年の間、ファンにとってはたまらない季節となる。

アタリは小さいが群れは濃厚だ! 全身全霊を竿先に集中し乗せよう! 潮緩めば数釣りもチャンスだ!

もう今シーズンすでに4回目です」という渡辺太吾さんは開始から巧みな技で掛けていく。

渡辺さんはマルイカを始めて4年ほどだというがこの日の状況で24杯はさすが。カワハギの名手でもある。

良い反応に当たるとダブルや回数を乗せることができた。

ポイントは亀城根70〜90mほど。濁りと水温上昇で少しずつ浅場でも釣れるようになる。

「この時を待っていました!」と小澤淳さん。小澤さんは「フィッシング相模屋」のスタッフで、この日は25杯釣ってトップ。

小澤さんもダブルでゲット。この日は後半のほうが乗りが良かった。

各メーカーからニューアイテムが登場。写真はフィッシングショーでのダイワの高槻慧テスター。

オモリは40〜50号を使い分ける。写真は落下が早く抵抗が少ないタングステンシンカー。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

相模湾に春の使者、マルイカがやってきた。
「1月下旬から始めましたがいきなり50杯超えもありますよ。反応はかなりいいです」と、平塚港「庄治郎丸」の船木正人船長は言う。
ポイントは初期の定番、亀城根の70〜90mほど。今年は潮がかなりきれいに澄んでいておまけに潮が速い。そんな決してよい条件と言えない中でも好反応を示しており、まずまず安定した釣果を残している。
この日は前半はポツリポツリの乗りも中だるみ、その後、潮の緩い場所に移動しすると複数回乗せたりダブルもたびたび見られた。
「今年はとにかく潮が速くて間に合わないことが多いよね。でもすぐに反応は見つかるしイカは多いと思うよ。少し深いけど、手巻きでやる人のほうが多いよ」
この時期ながらマイクロサイズもまじってくるかなりテクニカルな展開。いきなり熱くなれること間違いなし。
今シーズンもおおいに期待できるぞ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読