MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】

今年も1月下旬に相模湾を中心にマルイカが乗り出した。これから夏場までの約半年の間、ファンにとってはたまらない季節となる。

perm_media 《画像ギャラリー》今年もやってきた! マルイカ、シーズン開幕!!【相模湾・亀城根】の画像をチェック! navigate_next

アタリは小さいが群れは濃厚だ! 全身全霊を竿先に集中し乗せよう! 潮緩めば数釣りもチャンスだ!

もう今シーズンすでに4回目です」という渡辺太吾さんは開始から巧みな技で掛けていく。

渡辺さんはマルイカを始めて4年ほどだというがこの日の状況で24杯はさすが。カワハギの名手でもある。

良い反応に当たるとダブルや回数を乗せることができた。

ポイントは亀城根70〜90mほど。濁りと水温上昇で少しずつ浅場でも釣れるようになる。

「この時を待っていました!」と小澤淳さん。小澤さんは「フィッシング相模屋」のスタッフで、この日は25杯釣ってトップ。

小澤さんもダブルでゲット。この日は後半のほうが乗りが良かった。

各メーカーからニューアイテムが登場。写真はフィッシングショーでのダイワの高槻慧テスター。

オモリは40〜50号を使い分ける。写真は落下が早く抵抗が少ないタングステンシンカー。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

相模湾に春の使者、マルイカがやってきた。
「1月下旬から始めましたがいきなり50杯超えもありますよ。反応はかなりいいです」と、平塚港「庄治郎丸」の船木正人船長は言う。
ポイントは初期の定番、亀城根の70〜90mほど。今年は潮がかなりきれいに澄んでいておまけに潮が速い。そんな決してよい条件と言えない中でも好反応を示しており、まずまず安定した釣果を残している。
この日は前半はポツリポツリの乗りも中だるみ、その後、潮の緩い場所に移動しすると複数回乗せたりダブルもたびたび見られた。
「今年はとにかく潮が速くて間に合わないことが多いよね。でもすぐに反応は見つかるしイカは多いと思うよ。少し深いけど、手巻きでやる人のほうが多いよ」
この時期ながらマイクロサイズもまじってくるかなりテクニカルな展開。いきなり熱くなれること間違いなし。
今シーズンもおおいに期待できるぞ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル