MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】

釣り主体に行われていて、亘理「大海丸」ではメロウド(イカナゴ)が確保できるようになると、メロウドの泳がせでのメバル釣りも楽しませてくれる。生きたメロウドでメバル釣りというのは、瀬戸内海と亘理だけである。現在はメバルとカレイのリレーを行っている。

perm_media 《画像ギャラリー》クロメバル乱舞! リレーでマガレイ&イシガレイ【宮城・仙台湾】の画像をチェック! navigate_next

メバルとカレイで中型のクーラーが満タンになることはザラだ

上がクロメバル、下がウスメバル。

サビキをハリス1.2号8本バリに替えたとたん、満貫(すべてのハリに魚が掛かること)を連発!

クロメバルのほか、オキメバルと言われているウスメバルもまじる。

1匹ヒットしたらチャンスアップ! すぐに上げずに追い食いを期待する。

イシガレイは良型で食べてうまい。

マガレイは一荷でヒットすることもザラ。

終わってみればこのとおり、メバルもカレイも釣果はたっぷり。

マガレイはこれがアベレージサイズ。

週末は混雑する「大海丸」は平日釣行がオススメ。

仙台湾の南の魚礁周辺がポイント。陸からはさほど遠くはない。

カレイは小突き専用タックルでの臨む。

この手のサビキを各2組ずつ用意しよう。

これが当日アタリバケとなったもの。エビを捕食しているからだという。

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城・亘理荒浜港「大海丸」。

仙台湾南部ではクロメバルが絶好調。良型ばかりサビキ仕掛けでぞろぞろぞろ〜りと鈴なりにあがってくる様は圧巻だ。
「メバルはツブ根または人工魚礁周りがポイントです。釣果はサビキの種類に左右されます。もっとも安定しているのは〝黒毛サメ腸〟、グリーンのバケは大型に実績があります。さまざまなものを用意してきてください」とは、亘理「大海丸」の山川大海船長。
メバル釣りでは、サビキのハリにイカタンや冷凍イカナゴ、シラウオなどエサを付けるのが主流だが、仙台湾では日によっては、エサなしのサビキのみのほうがよく釣れることが多い。
「いまはメバルはエビを捕食しているからサビキのみがよいのでしょうね。メロウドが沸くとメロウドに狂うのでシルエットが大きいエサが効果的です」という。
「大海丸」では、メバルだけでなく後半戦はリレーでカレイを狙っている。
「カレイは広範囲にいますが、ツブ根から流していくことが多いので、根周りではアイナメやナメタ、平場ではマガレイやイシガレイ、マコガレイが釣れます」と船長が話すように、カレイ仕掛けとアオイソメエサを用い、小突き釣りを行う後半戦は五目釣りが楽しめる。
メバルとカレイで中型のクーラーが満タンになることはザラ。旬の味覚がいっぱい詰まった仙台湾の春はまだ始まったばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル