MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

東京湾のエビメバルが2月に開幕した。メバルは冬場に産卵期を迎えるために資源保護の観点からこの時期を禁漁期とし、2月にスタートする。エビメバルというのはエビエサを使ったメバル釣りで、東京湾奥主体に楽しめる釣りだ。軟調ロッドをギューンと曲げる強い引きで人気の高い。アタリは明確で竿からも手からも派手なアタリがやってくる。

竿を持ち上げるとギューンとしなり想像以上の強い引きが味わえる。これがこの釣りの最大の魅力だ

愛くるしい表情ながら、強い引きで釣り人を魅了するメバル。

常連の中込一好さんはまずまずのサイズをダブル。「時合に手返しよく釣ることが数を伸ばすコツですよ」。

イシモチは最近になって食いだしたという。定番ゲストだ。

軟調竿が基本スタイル。もちろんゲームロッドなどでもOKだ。

ポイントはストラクチャー周りから根のポイントまでさまざま。水深は15〜30mほど。

匹掛けたら追い食いを狙いたい。待ちすぎると写真のようにハリ穴が広がってしまうので注意を。

淡水のモエビは現在入手が難しくなっている貴重なエサだ。しかし、エサで釣果が変わるのでドンドン交換しよう。

船宿仕掛けはハリス0.8号のロングハリス仕様。

メバル用のサビキが威力を発揮することもあるという。

オモリは20号使用。マジックで黒く塗ってもいい。

ハリ先を尾側から刺し、1節目の背中側にハリ先を出す。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「黒川本家」。

東京湾の春の風物詩とも言えるエビメバル釣りが2月にスタートした。メバル釣りはエサによってその呼び名が変わるが、エビメバルとはモエビエサを使った釣りのことを指す。繊細な仕掛けに小型のエビを使用し、海中に沈めるとゴッゴッゴ! と力強いアタリがやってくる。竿を持ち上げるとギューンとしなり想像以上の強い引きが味わえる。これがこの釣りの最大の魅力だ。
「シーズン最初は手付かずのポイントを探っていきます。初日はちょっと食いが悪かったけど、翌日から食いは上昇していますよ。数釣りもできるようになってきたし今年も期待できます」とは、横浜・新山下「黒川本家」の黒川剛俊船長。
今年は寒さが厳しく春はまだ遠いけれど、太陽の力はぐんぐん増している。独特の釣り味を楽しむならエビメバル、春を感じに出かけませんか?

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読