MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】

東京湾のエビメバルが2月に開幕した。メバルは冬場に産卵期を迎えるために資源保護の観点からこの時期を禁漁期とし、2月にスタートする。エビメバルというのはエビエサを使ったメバル釣りで、東京湾奥主体に楽しめる釣りだ。軟調ロッドをギューンと曲げる強い引きで人気の高い。アタリは明確で竿からも手からも派手なアタリがやってくる。

perm_media 《画像ギャラリー》エビメバル、開幕から徐々に上昇中!【東京湾・本牧〜横浜沖】の画像をチェック! navigate_next

竿を持ち上げるとギューンとしなり想像以上の強い引きが味わえる。これがこの釣りの最大の魅力だ

愛くるしい表情ながら、強い引きで釣り人を魅了するメバル。

常連の中込一好さんはまずまずのサイズをダブル。「時合に手返しよく釣ることが数を伸ばすコツですよ」。

イシモチは最近になって食いだしたという。定番ゲストだ。

軟調竿が基本スタイル。もちろんゲームロッドなどでもOKだ。

ポイントはストラクチャー周りから根のポイントまでさまざま。水深は15〜30mほど。

匹掛けたら追い食いを狙いたい。待ちすぎると写真のようにハリ穴が広がってしまうので注意を。

淡水のモエビは現在入手が難しくなっている貴重なエサだ。しかし、エサで釣果が変わるのでドンドン交換しよう。

船宿仕掛けはハリス0.8号のロングハリス仕様。

メバル用のサビキが威力を発揮することもあるという。

オモリは20号使用。マジックで黒く塗ってもいい。

ハリ先を尾側から刺し、1節目の背中側にハリ先を出す。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「黒川本家」。

東京湾の春の風物詩とも言えるエビメバル釣りが2月にスタートした。メバル釣りはエサによってその呼び名が変わるが、エビメバルとはモエビエサを使った釣りのことを指す。繊細な仕掛けに小型のエビを使用し、海中に沈めるとゴッゴッゴ! と力強いアタリがやってくる。竿を持ち上げるとギューンとしなり想像以上の強い引きが味わえる。これがこの釣りの最大の魅力だ。
「シーズン最初は手付かずのポイントを探っていきます。初日はちょっと食いが悪かったけど、翌日から食いは上昇していますよ。数釣りもできるようになってきたし今年も期待できます」とは、横浜・新山下「黒川本家」の黒川剛俊船長。
今年は寒さが厳しく春はまだ遠いけれど、太陽の力はぐんぐん増している。独特の釣り味を楽しむならエビメバル、春を感じに出かけませんか?

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル