MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤにチャレンジしよう! 大原沖編【外房】

ひとつテンヤにチャレンジしよう! 大原沖編【外房】

外房エリア、茨城エリアでひとつテンヤが盛り上がっている! この時期のポイントは浅場がメイン。底立ちを取りやすく、アタリも明確、引きも楽しめる! この時期は入門にピッタリなので、ぜひ挑戦してみよう!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

浅場だから、とにかくおもしろい! マダイは中小型を主体に大型もまじる! 嬉しいゲストも豊富!

ひとつテンヤ初挑戦の釣り人もこのとおり!

慣れた人は快調に食わせた!

女性アングラーも本命ゲット!

ヒラメもヒット!

ヒラマサの3.8kgもまじった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「松栄丸」。

夏場の大原沖のひとつテンヤマダイは、水深10m前後の浅場で楽しめるのが特徴だ。
7月後半の大原「松栄丸」の取材時は、水深7〜15mという浅場を狙った。この時期は中小型がメインに釣れるが、水深が浅いので引きが強く感じられ楽しい。また、アタリも比較的明確に出るので、ビギナーにもオススメなのだ!
「これから秋にかけては浅場を主体に狙います。底付近でアタりますし、エサ取りも多くなりますから、マメに仕掛けを入れ替えるのがコツです」と話すのは「松栄丸」の中井一也船長。
取材当日はマダイのほかに、ヒラマサ、イナダ、ヒラメ、カサゴ、アイナメ、カワハギ、ウマヅラ、ショウサイフグなどがまじった。このように多彩なゲストがまじるのも、この釣りの魅力だ。
とにかく、アタリが多くて楽しめる大原沖の浅場のひとつテンヤマダイ。ぜひ、チャレンジしてみよう!

テンヤは5〜6号がメイン、もっと軽くてもOKだ!

「エサのエビはまっすぐ付けることが大事です」と中井一也船長。

ハリス、道糸はともに高品質のものを使おう!

この時期、狙う水深は10m台の浅場がメイン。テンヤは5〜6号をメインに使うのがオススメだ。
「だいたい浅場を狙うときは、ビシマの時代からテンヤやカブラは5号を使っています。ですから最初は5〜6号のテンヤで始めてみてください。それで潮が流れていないようでしたら、3号ぐらいの軽いテンヤに変えてみてください」と話すのは「松栄丸」の中井一也船長。
そのためテンヤは3〜10号ぐらいまでを用意しておくと、潮が流れないときも、速いときにも対応できるだろう。
タックルは標準的なひとつテンヤ用があればOK。専用ロッド2.3〜2.7mに小型スピニングリールを組み合わせる。道糸はPEラインの0.6〜0.8号を150mは巻いておこう。
エサ付けはいろいろな方法があるが、「とにかくエビがまっすぐになるように付けてください」と中井一也船長。左の写真は中井船長のエサ付けなので参考にしよう。

アワセはしっかりと竿を立てて行う。マダイの口周りは硬いので、アワセが中途半端だとハリ掛かりせずバラしやすいぞ

水深が浅いと引き味も抜群!

水深10m前後の浅い釣り場ではマダイは浮きにくい。また、これから秋にかけては底付近のエサをあさるマダイ。そのため、海底付近のタナを重点的に狙う。
テンヤをフォールさせて海底に着いたら、50㎝〜1mぐらい巻き上げてアタリを待つ。アタリがなければ、時おりシャクって様子を見よう。
だいたいテンヤが着底する直前直後にアタリやすい。また、この時期はエサ取りも多く、アタリが出ずにエサが取られることもしばしば。そのため、長い時間テンヤを海中に入れてアタリを待つのではなく、マメに仕掛けを入れ替えるようにするのがコツだ。
また潮が速いときは、テンヤが着底したら、そのまま待つとテンヤが浮き上がるので再び着底させる。これを繰り返してアタリを待つのも一つの方法だ。
アタリがあったら、または竿先や道糸に違和感を感じたら即アワせよう。アワセはしっかりと竿を立てて行うこと。マダイの口周りは硬いので、アワセが中途半端だとハリ掛かりせずバラしやすい。

以上の記事は「つり丸」2014年9月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル