MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ビギナーにもオススメの半日LTアジ【東京湾・八景沖】

ビギナーにもオススメの半日LTアジ【東京湾・八景沖】

東京湾の手軽な釣り物の代表格であるLTアジ。今や周年、近場の浅場で狙えるターゲットだ。

近場の浅場で美味な金アジが狙える!

阪本智子さんは30匹で2番手! 

この日、永井名人は絶好調! 33匹でトップ。

「プルプル」と明確なアタリが出て楽しい。

海面下に3つの魚影! 3点掛けだ!!

取材当日は食いが良く、あちこちでダブル、トリプルが見られた。

この金色に輝くアジが美味しいのだ!

仕掛けはビシアジ用でOK。

ビシは小型のアンドンビシ40号。

付けエサはアオイソメ。ムシエサが苦手な人にはアカタンも用意してある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」。

まだまだ寒さが続くが、東京湾のLTアジはまずまずの好調ぶりだ。
「反応があってもアタらない渋いときもありますが、食いがいい日にはポツポツとアタリが続きます。渋い日はバタバタとアタるときに、しっかりと食わせてください」とは金沢漁港「忠彦丸」でLTアジを担当する黒川船長。
取材当日は、食いのいいときに当たり、開始から終了までアタリが続いた。永井裕策名人はアタリがあると毎回追い食いを狙ってダブル、トリプルを連発。33匹で竿頭となった。
取材当日に狙ったポイントは野島沖堤防の横須賀側。水深は20〜30m。ここで釣れるのは金色に輝く幅広の「金アジ」。20〜25㎝のサイズが主体だが、これがとても美味なのだ。脂の乗った半身を刺身や握り寿司にすると最高だ!
そんな美味なアジが、近場の浅場で手軽に釣れるのがLTアジの魅力。ビギナーでも楽しめるので、ぜひ仲間を誘って釣行してみよう!

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
東京湾、木更津沖のハゼ釣りが開幕!深川の「冨士見」では手慣れた人が二束、三束のハゼを釣り上げる。貸し竿に手バネ竿が用意されているのでァミリーフィッシングにもおすすめだ!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
最新記事
シマアジやカンパチなどの超高級青物が高確率で釣れるエリア!外房 小湊沖!小湊港「寿々木丸」の青物五目をレポート!
今期もアカムツフリークの熱い視線を集め続けるホットスポット「第十五隆栄丸」の茨城県平潟沖!130m前後の手軽にできる水深で40㎝オーバー連発!50㎝も出た!!!!!
極めた操作性。超軽量&感度のスピニングリール「ヴァンフォード」
ゴマフエダイはスズキ目フエダイ科フエダイ属。本州の太平洋側、岩手県でも発見されているので、生息域ははっきりしない。相模湾や駿河湾でも若い個体、稚魚が発見されている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読