MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
えげつない釣れっぷり! 冬の美味マダイ大爆釣【新潟県・間瀬沖】

えげつない釣れっぷり! 冬の美味マダイ大爆釣【新潟県・間瀬沖】

マダイが一人30〜60枚、しかも年末から年始にかけての日本海で。こんな釣果がホームページを連日にぎわしてしたのは、新潟県間瀬港「光海丸」。

perm_media 《画像ギャラリー》えげつない釣れっぷり! 冬の美味マダイ大爆釣【新潟県・間瀬沖】の画像をチェック! navigate_next

こんな時期にマダイが爆釣し続けるのは過去にないことなのだ

この爆釣ぶりは、ごらんの通り!!!

2月初めの乗船日は3kgの良型がまじった。

コマセマダイ初チャレンジ中!! 2㎏級キャッチ!!

「光海丸」の基地の真沖がポイントだ。

マダイロッドがひっきりなしにきれいな弧を描き続けた。

このサイズが多かったが、食べて大変おいしい

船長が奨めるマダイバリのサイズは12号以上と大きいので大ダイがヒットしても多少の余裕を持つことができる。

アカムツ釣り名人の久喜市の遠藤実剣さんはコマセマダイ初体験でこの釣果。「大変楽しかったです。これはハマリますね」

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

聞くと、コマセマダイ釣りで2本バリ仕掛けに毎回一荷でヒットしてくるという。気になるサイズは0.3〜1㎏の小ダイが多いというが、冬のここのマダイは大変美味という。そんな情報を確かめるべく、2月初めに雪降る新潟県内を車で走行し釣行してみた。
「一週間のシケのあとなので、マダイがいるかどうか分かりませんよ」と小林聡船長は話したが、いざ、ウワサの間瀬沖水深80mの魚礁周辺に行くと、マダイの反応はバッチリと出た。
「このマダイの反応が浮けばずっと釣れます」との言葉のとおり。表層水温9度にも関わらず、マダイたちはコマセに反応。ポイントを流すたびに全員の竿を曲げる。
ときおり、強い引きを見せるのは中ダイ。2〜5㎏サイズだ。圧倒的に小ダイが多いが引きは強い。
「ハリスは6号12mです。ハリはマダイの12号以上です。小バリは飲み込まれて外すのが大変です」と、一番実績のある船長お手製の船宿仕掛けは、2本バリ。この仕掛けはだれにでも釣れるように水中での仕掛けのバランスを試行錯誤して作ったものだという。
こんな時期にマダイが爆釣し続けるのは過去にないことだというので、いつまでマダイが釣れ続くかは分からない。しかし、上越沖のように春のプレ乗っ込みが間瀬沖で開幕する? 可能性もある。今後の状況に注目していきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル