MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
各種根魚や青物もヒット! 勝浦沖のマハタ五目【外房・勝浦沖】

各種根魚や青物もヒット! 勝浦沖のマハタ五目【外房・勝浦沖】

関東地方は久々の大雪と数十年ぶりの大寒波で釣行予定には悩むところ。この寒さを吹き飛ばしてくれるのが外房・勝浦松部漁港「信照丸」のマハタ五目だ。看板のマハタはもちろん、カサゴやヒラメなどの根魚のほか、ヒラマサ、ワラサなどの青物が釣れることもある。釣れる魚はどれも高級魚揃いだ。

perm_media 《画像ギャラリー》各種根魚や青物もヒット! 勝浦沖のマハタ五目【外房・勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

この時期のマハタは脂がのって抜群に美味い。刺身はもちろん、冬のマハタ鍋は絶品だ

取材者の國友さんは開始早々に3.3㎏の良型をゲット!

「タナを低くしたら小型がアタりました」と國友さん。タナを低くしすぎないのがコツだ!

1月21日に取り込まれた3.8㎏(画像は船宿ブログから)。

アヤメカサゴもまじった。

当日は勝浦沖の水深40〜60mを狙った。

起伏の激しい海底地形を狙うので、頻繁にタナを取り直すことが大事。

「信照丸」の仕掛けは胴付き1本バリ。孫バリはつけない。

イワシの上アゴにハリを刺す。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部「信照丸」。

勝浦松部港「信照丸」では超高級魚のマハタをメインに狙うマハタ五目で出船している。
「この釣りはマメなタナ取りに尽きます」とは「信照丸」の吉野達哉・若船長。マメなタナ取りが、エサを動かして誘いになり、根掛かり対策にもなるのだ。
ポイントは勝浦沖の起伏に富んだ40〜60mの根周りを狙う。水深は常に変化するので、1分に1回は再びオモリを海底まで落としてタナを取りなおす。潮が速ければ30秒に1回のペースでタナを取り直したほうがいいので、思った以上に忙しく攻撃的でゲーム性が高いのだ。
ついつい、タナを低めにしたくなるが「マハタは根の周りでジッとエサを見て、とびつくように食いつくんです」と吉野勉・大船長。エサのイワシを底から少し浮かせたタナで狙うのがコツだ。
マハタ以外にもさまざまな根魚や青物もヒットする。何が釣れるか分からない、ワクワクするのもこの釣りの楽しさであり醍醐味といえる。
そして、この時期のマハタは脂がのって絶品な美味さ。2㎏以上になると、釣ったその日に内臓を取り出して、3〜7日くらいねかすと身が柔らかくなり、美味さが凝縮するという。刺身はもちろん、冬のマハタ鍋は絶品。ちなみに達也・若船長の好物は酒蒸だ。
「信照丸」のマハタ五目は通年通して楽しめる人気メニューだ!

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル