MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】の画像をチェック! navigate_next

冬シーズンの深場も潮よく好調、このまま春シーズンに突入だ!

東京湾のひとつテンヤ&タイラバで、落ちのマダイが好調。越冬マダイは良型まじりで食味も最高!

落ちの深場といっても、ポイントは50~70mほど。それほど釣りづらいこともなく、引きも存分に味わえる。

500gから800gの食べ頃サイズも活発に食ってくるので、アタリは多い。

この日は船中4人で11枚のマダイをゲット。

この日は2.6㎏、2.3㎏など良型もまじった。日によっては、さらに大型も姿を見せている。

ひとつテンヤタックル、タイラバタックル両方持参で、状況に応じて使いわけるひとが多い。ひとつテンヤは写真のような丸型のものがおすすめ。

黒川勇治船長が上げた1枚。赤味の強いボディはエビで釣れるタイの特徴だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

一年を通してエビエサのひとつテンヤ&タイラバ釣りができる東京湾。冬シーズンを迎え、深場で越冬中の良型マダイが食っている。取材日は2.6㎏、2.3㎏を含む11枚のマダイが上がった。今年は深場の潮がよく、安定した釣果が続いているのが特徴だ。さらに冬のマダイは美味なことでも知られ、グルメ釣り師にも人気が高い。
ひとつテンヤの場合は「15号前後のオモリで底をトントン叩きながら誘いをかける」、タイラバは「一定速度で巻き上げる」と、いずれも釣り方はシンプルでビギナーにも楽しめる。釣り場は湾内で港から20分ほど、近場で誰にでも良型マダイにチャレンジできるのが、「野毛屋」のマダイ船の魅力だろう。
マダイ船はベテランの黒川勇治船長と新進の行橋眞生船長の二人体制で釣り人をサポートしている。特に勇治船長の初心者指導は定評があるので、これからマダイ釣りを始めたいという人はぜひチャレンジしてみて欲しい。貸し竿や仕掛けなどはすべて揃うので手ぶらでの釣行も可能だ。
「野毛屋」ではマダイ・アオリイカ船、アカメフグ船、午前アジ午後フグ船と3つの乗合で出船しており、状況に応じて配船が変わるので、出船については宿に問い合わせるか船宿HPを参照していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル