沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ひとつテンヤ&タイラバで狙う東京湾のマダイ【東京湾】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。


冬シーズンの深場も潮よく好調、このまま春シーズンに突入だ!

東京湾のひとつテンヤ&タイラバで、落ちのマダイが好調。越冬マダイは良型まじりで食味も最高!

落ちの深場といっても、ポイントは50~70mほど。それほど釣りづらいこともなく、引きも存分に味わえる。

500gから800gの食べ頃サイズも活発に食ってくるので、アタリは多い。

この日は船中4人で11枚のマダイをゲット。

この日は2.6㎏、2.3㎏など良型もまじった。日によっては、さらに大型も姿を見せている。

ひとつテンヤタックル、タイラバタックル両方持参で、状況に応じて使いわけるひとが多い。ひとつテンヤは写真のような丸型のものがおすすめ。

黒川勇治船長が上げた1枚。赤味の強いボディはエビで釣れるタイの特徴だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

一年を通してエビエサのひとつテンヤ&タイラバ釣りができる東京湾。冬シーズンを迎え、深場で越冬中の良型マダイが食っている。取材日は2.6㎏、2.3㎏を含む11枚のマダイが上がった。今年は深場の潮がよく、安定した釣果が続いているのが特徴だ。さらに冬のマダイは美味なことでも知られ、グルメ釣り師にも人気が高い。
ひとつテンヤの場合は「15号前後のオモリで底をトントン叩きながら誘いをかける」、タイラバは「一定速度で巻き上げる」と、いずれも釣り方はシンプルでビギナーにも楽しめる。釣り場は湾内で港から20分ほど、近場で誰にでも良型マダイにチャレンジできるのが、「野毛屋」のマダイ船の魅力だろう。
マダイ船はベテランの黒川勇治船長と新進の行橋眞生船長の二人体制で釣り人をサポートしている。特に勇治船長の初心者指導は定評があるので、これからマダイ釣りを始めたいという人はぜひチャレンジしてみて欲しい。貸し竿や仕掛けなどはすべて揃うので手ぶらでの釣行も可能だ。
「野毛屋」ではマダイ・アオリイカ船、アカメフグ船、午前アジ午後フグ船と3つの乗合で出船しており、状況に応じて配船が変わるので、出船については宿に問い合わせるか船宿HPを参照していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

東京湾にビッグシーバスシーズンが到来している! 一年で最も90㎝オーバーに近い時期、それがまさに今! なのだ。「10月中旬くらいからスタートするのが例年のパターン。ぜひ、90㎝オーバーを狙ってもらいたいですね」と話す、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。大型がヒットしているので、ふだん使い慣れたタックルで臨むのがいいだろう。ポイントの水深は20m台〜30m台。潮が速くても10号ぐらいまでのテンヤがあれば底立ちがわかるだろう。そのため10号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用竿があればOK。


最新の投稿


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読