MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】の画像をチェック! navigate_next

冬シーズンの深場も潮よく好調、このまま春シーズンに突入だ!

東京湾のひとつテンヤ&タイラバで、落ちのマダイが好調。越冬マダイは良型まじりで食味も最高!

落ちの深場といっても、ポイントは50~70mほど。それほど釣りづらいこともなく、引きも存分に味わえる。

500gから800gの食べ頃サイズも活発に食ってくるので、アタリは多い。

この日は船中4人で11枚のマダイをゲット。

この日は2.6㎏、2.3㎏など良型もまじった。日によっては、さらに大型も姿を見せている。

ひとつテンヤタックル、タイラバタックル両方持参で、状況に応じて使いわけるひとが多い。ひとつテンヤは写真のような丸型のものがおすすめ。

黒川勇治船長が上げた1枚。赤味の強いボディはエビで釣れるタイの特徴だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「野毛屋」。

一年を通してエビエサのひとつテンヤ&タイラバ釣りができる東京湾。冬シーズンを迎え、深場で越冬中の良型マダイが食っている。取材日は2.6㎏、2.3㎏を含む11枚のマダイが上がった。今年は深場の潮がよく、安定した釣果が続いているのが特徴だ。さらに冬のマダイは美味なことでも知られ、グルメ釣り師にも人気が高い。
ひとつテンヤの場合は「15号前後のオモリで底をトントン叩きながら誘いをかける」、タイラバは「一定速度で巻き上げる」と、いずれも釣り方はシンプルでビギナーにも楽しめる。釣り場は湾内で港から20分ほど、近場で誰にでも良型マダイにチャレンジできるのが、「野毛屋」のマダイ船の魅力だろう。
マダイ船はベテランの黒川勇治船長と新進の行橋眞生船長の二人体制で釣り人をサポートしている。特に勇治船長の初心者指導は定評があるので、これからマダイ釣りを始めたいという人はぜひチャレンジしてみて欲しい。貸し竿や仕掛けなどはすべて揃うので手ぶらでの釣行も可能だ。
「野毛屋」ではマダイ・アオリイカ船、アカメフグ船、午前アジ午後フグ船と3つの乗合で出船しており、状況に応じて配船が変わるので、出船については宿に問い合わせるか船宿HPを参照していただきたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
最新記事
西伊豆で乗っ込み終盤のマダイ&イサキを満喫!!イワシ次第ではヒラメ爆釣の可能性もある初夏の安良里沖。今後大本命の食わせサビキもおすすめ!
東京湾小物釣りの代表選手シロギスが元気いっぱい!これからの時季はビギナーや子供にでも釣れる手軽さが魅力だ。大型まじりの数釣りを楽しもう!
餌木タコゲームをより深く、快適に楽しむための専用ロッド「ラグゼ オクトライズ フネタコ」極調子170/先調子178
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル