MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。

perm_media 《画像ギャラリー》産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】の画像をチェック! navigate_next

入れ食いスタート! 70㎝⬆キャッチを期待!!

「こなや丸」の新星、船長見習いの星野巧さんも、シーバス釣りを勉強中!?

沖合に停泊している鉱石船の周りは、ときに大型もラッシュする、近年の有望ポイントだ。

取材日の最大クラス。数、型ともに女性アングラーが一番だった。

海ほたる周りは大型を含め、実績大のポイントだが…。取材日はレギュラーサイズに終始。

レギュラーサイズは抜き上げキャッチが手早いが、大型はしっかりネットのアシストが必要だ。

水面でのエラアライはスリリングな瞬間だが、バラシの危険もアップするタイミングなので注意が必要だ。

食いが活発なときはトレブルフックもよいが、渋いときはやはりチラシスタイルが強い。

60〜80gのジグを中心に揃えておく。近年では80gが活躍する深場のポイントを狙うことも多い。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

取材に出向いたのは1月末。例年であれば、産卵を終えたシーバスたちが、深場に集まり、食いが活発化する時期。釣行直前になって少しずつ上向き気配となったが、まだ絶好調とは言えない様子だった。
取材日は海ほたる周りからスタート。ジギングオンリーの展開で、40〜50㎝のレギュラーサイズを中心に、ポツリポツリの拾い釣りが続いた。
辛抱の時間が続いたものの、小型ポイントには背を向け、型狙いに突入! 入れ食いスタート! 70㎝オーバーキャッチ! という派手な展開までは至らなかったが、近年の定番ポイント、鉱石船周りで60㎝クラス中盤までは“出世”を果たすことができた。
もう二週間も経てば、深場にグッドサイズも交えて、しっかり群れが固まっていることが期待される。遅めのスタートだからといって、シーズンが長くなるかは分からない。早めの釣行がおすすめ! だ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル