MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。

perm_media 《画像ギャラリー》産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】の画像をチェック! navigate_next

入れ食いスタート! 70㎝⬆キャッチを期待!!

「こなや丸」の新星、船長見習いの星野巧さんも、シーバス釣りを勉強中!?

沖合に停泊している鉱石船の周りは、ときに大型もラッシュする、近年の有望ポイントだ。

取材日の最大クラス。数、型ともに女性アングラーが一番だった。

海ほたる周りは大型を含め、実績大のポイントだが…。取材日はレギュラーサイズに終始。

レギュラーサイズは抜き上げキャッチが手早いが、大型はしっかりネットのアシストが必要だ。

水面でのエラアライはスリリングな瞬間だが、バラシの危険もアップするタイミングなので注意が必要だ。

食いが活発なときはトレブルフックもよいが、渋いときはやはりチラシスタイルが強い。

60〜80gのジグを中心に揃えておく。近年では80gが活躍する深場のポイントを狙うことも多い。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

取材に出向いたのは1月末。例年であれば、産卵を終えたシーバスたちが、深場に集まり、食いが活発化する時期。釣行直前になって少しずつ上向き気配となったが、まだ絶好調とは言えない様子だった。
取材日は海ほたる周りからスタート。ジギングオンリーの展開で、40〜50㎝のレギュラーサイズを中心に、ポツリポツリの拾い釣りが続いた。
辛抱の時間が続いたものの、小型ポイントには背を向け、型狙いに突入! 入れ食いスタート! 70㎝オーバーキャッチ! という派手な展開までは至らなかったが、近年の定番ポイント、鉱石船周りで60㎝クラス中盤までは“出世”を果たすことができた。
もう二週間も経てば、深場にグッドサイズも交えて、しっかり群れが固まっていることが期待される。遅めのスタートだからといって、シーズンが長くなるかは分からない。早めの釣行がおすすめ! だ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
アカムツ全国大ブレイクの聖地“カンネコ根”が乗っ込みシーズン開幕!!最高のメタボボディと激うま求めて基本テクニックを磨こう!
関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル