MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

入れ食いスタート! 70㎝⬆キャッチを期待!!

「こなや丸」の新星、船長見習いの星野巧さんも、シーバス釣りを勉強中!?

沖合に停泊している鉱石船の周りは、ときに大型もラッシュする、近年の有望ポイントだ。

取材日の最大クラス。数、型ともに女性アングラーが一番だった。

海ほたる周りは大型を含め、実績大のポイントだが…。取材日はレギュラーサイズに終始。

レギュラーサイズは抜き上げキャッチが手早いが、大型はしっかりネットのアシストが必要だ。

水面でのエラアライはスリリングな瞬間だが、バラシの危険もアップするタイミングなので注意が必要だ。

食いが活発なときはトレブルフックもよいが、渋いときはやはりチラシスタイルが強い。

60〜80gのジグを中心に揃えておく。近年では80gが活躍する深場のポイントを狙うことも多い。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや」。

取材に出向いたのは1月末。例年であれば、産卵を終えたシーバスたちが、深場に集まり、食いが活発化する時期。釣行直前になって少しずつ上向き気配となったが、まだ絶好調とは言えない様子だった。
取材日は海ほたる周りからスタート。ジギングオンリーの展開で、40〜50㎝のレギュラーサイズを中心に、ポツリポツリの拾い釣りが続いた。
辛抱の時間が続いたものの、小型ポイントには背を向け、型狙いに突入! 入れ食いスタート! 70㎝オーバーキャッチ! という派手な展開までは至らなかったが、近年の定番ポイント、鉱石船周りで60㎝クラス中盤までは“出世”を果たすことができた。
もう二週間も経てば、深場にグッドサイズも交えて、しっかり群れが固まっていることが期待される。遅めのスタートだからといって、シーズンが長くなるかは分からない。早めの釣行がおすすめ! だ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
湘南エリアは、多くのアマダイポイントが点在する絶好の漁場!強烈な冬将軍の到来にもかかわらず、アマダイは元気いっぱい。寒さも忘れる楽しいターゲットを釣りに相模湾へ行こう!
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル