MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

東京湾のジギングをメインとしたシーバスゲームが日に日に状況が上向き、数はもちろん、サイズもグッと良くなってきている。

perm_media 《画像ギャラリー》いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

群れが固まりはじめて、ますます絶好調!

釣り具メーカー「ギアラボ」のテスターを務める布川雅美さんは、マイクロフリップの新色「バナナカラー」で良型!

近年、東京湾シーバスゲームの重要ポイントとなっている大型タンカー。壁というか、もはや高層ビルだ。

取材は1月末。年明け頃に比べ、アベレージサイズもアップして来た!

常連さんは次々とヒットさせては自分でネットインして、どんどん数を伸ばしていく。

サイズアップ期待大! 春は大型が出る季節だ。

シーバスジギングはテクニック的にはそれほど難しくないので、女性や子供も手軽に楽しめるのが大きな魅力だ。

当日はシーバスジギング初挑戦というアングラーが乗船。みな複数シーバスをキャッチしていた。手軽にルアーゲームが楽しめるシーバスジギングは、オフショアルアーゲームの入門にも最適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・川崎「つり幸」。

取材は1月の末。数日前に関東に大雪が降ったとあって、水温低下によるシーバスの活性低下が懸念されたが、蓋を開けてみれば近年の東京湾シーバスの重要なパターンのひとつである大型タンカー周りで良型炸裂! 50〜60㎝のフッコサイズを中心に、乗船者全員キャッチ! した。
「一時よりも群れがだいぶ固まってきて、初めてシーバスを楽しむという初心者の方も釣りやすくなってきました。また今後は、70㎝オーバーの大型にも期待です。春は雪や冷え込みの影響で一時的に渋くなることもありますが、数日すればシーバスたちも水に慣れて再び活発にルアーを追うようになります。今後は間違いなく上向きますので、ぜひチャレンジお待ちしています」とは、川崎「つり幸」でルアー船を担当する、とっても優しい村山克英船長。
例年3月頃は、大爆発することも珍しくない東京湾シーバス。程なく、サイズも数もベストシーズンが訪れるだろう!!

以上の記事は「つり丸」2018年3月1日号の掲載情報です。

関連記事
SLJのメッカ・冬の陣開幕!小さなジグだからバ イトが出る!イナダ&サンパク、マダイも登場!小さなジグを使うが、「広布号」のターゲットは、つねにビッグワンだ!
大原沖の青物ゲームがヒートアップ中!今回の取材では大型10㎏と7.5㎏のヒラマサをキャッチ!ジギング&キャスティングで迎撃開始だ!
【東京湾】キャスト&ジギングで狙う冬シーバスゲームが好期突入!この時期、ビギナーにルアーで魚を釣る楽しさを教えてあげるにも最適だ。ぜひ、仲間や家族を一緒にチャレンジしてみよう。
横浜・根岸湾のメッキゲームが面白い。魚種多彩なうえに、ときにビッグサイズがドンッ!お早めのお出かけを!
東伊豆・伊東沖で、晩秋~翌春までホットシーズンを迎えるのがティップランによるアオリイカだ。ジグやタイラバを使ってルアーの五目釣りを楽しむ二本立ても面白い!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル