MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のマルイカは反応多く今後も楽しみ!【相模湾東部】

相模湾のマルイカは反応多く今後も楽しみ!【相模湾東部】

今シーズンのマルイカは、相模湾で1月中旬から開幕している。シーズン初期は水深80〜100mぐらいの深場をメインに狙う。

perm_media 《画像ギャラリー》相模湾のマルイカは反応多く今後も楽しみ!【相模湾東部】の画像をチェック! navigate_next

シーズン初期は深場メイン、これからは釣れる水深が浅くなる

今夜はコイツを刺身で一献。飯田さん、思わずにやり。

ブランコ仕掛けではサイズのいいものが掛かりやすく、一荷もある!

ムギイカとマルイカの一荷。ムギイカもとても美味しい。

取材当日は三戸輪沖の水深80〜100メートルを狙った。

着乗りがなければ、叩くなど誘ってみよう。

太陽に照らされ、透き通るマルイカ。

飯田さんの仕掛けがコレ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「たいぞう丸」。

1月中旬から開幕している相模湾のマルイカ。2月中旬の時点では、多少釣果にムラがあるものの順調に釣れている。トップ20杯台の日が多く、いい日には30杯台やそれ以上を記録することもある。
葉山あぶずり港「たいぞう丸」では1月末からマルイカをスタート。葉山沖〜三戸輪沖をメインに狙っている。2月中旬の取材では、おもに水深80〜100mを狙ったが、取材前には水深60m前後で好調に乗った日もあった。
このように、シーズンが進むにつれて、釣れる水深が浅くなっていくのが例年のパターン。水深が浅いとオモリを軽くでき、ライトタックルで狙いやすく、アタリもわかりやすくなって、さらには引きも楽しめる。これから、は今以上に楽しめるのだ。
そして今の時期はマルイカのほか、ムギイカや産卵で浅場にやってきたヤリイカもまじる。どのイカもとても美味しいので、お土産には最高。さあ、マルイカ釣りに出かけよう!

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
【相模湾・平塚沖~大磯沖】LTの元祖とも言えるのが平塚出船のLT五目だ。アジメインにアタリ活発!これから水深浅くなり魚種も豊富に!
最新記事
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
フラッシュブーストにタコはメロメロ、超高アピールするタコ餌木「タコマスターフラッシュブースト 3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル