MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超激ウマのブランドマダイを釣り上げろ!【東京湾・第二海堡周り】

超激ウマのブランドマダイを釣り上げろ!【東京湾・第二海堡周り】

現在、房総から茨城にかけてのテンヤマダイ&タイラバはすでに定番として広く親しまれているが、東京湾ではようやくここ最近に定着してきた感がある。

ひと足早く春シーズン開幕! 超激ウマの大型チャンスだ! 価値ある1枚をゲットしよう!

常連の富田さんはコマセマダイから転向し、すっかりこの釣りの魅力にハマってしまったという。富田さんはタイラバ専門で、早巻きで食わせるのが得意。こちらは2.7kgの良型。

ポイントは第二海堡周辺が中心で、水深は50mほど。基本は大潮周りのみの出船となるので、事前に出船日を確認しよう!

朝方にマダイ、大型ハナダイと連発し、ラストにはキロオーバーをゲット。

大型が食いだすと、タイラバへの反応がよくなる。

女性アングラーもタイラバで美ダイをゲット。

テンヤは冷凍エサが基本だが、日によっては生きエビも。これが特エサになることも。

筆者は100gのタイラバで2.5kgのメスのマダイをゲット。船長が言うとおり、味は超激ウマだった! 味にひかれて通う人が多いというのにも納得だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「弁天屋」。

東京湾のテンヤ&タイラバはこれから激アツシーズンを迎える。
「去年も2月の終わりから急に食いましたね。今年は水温がまだ低いですが、いい雰囲気になってきましたよ」と、金沢八景「弁天屋」の本田和芳船長は出船前にこう話した。
ポイントは潮通しのいい第二海堡周辺。朝からキロ前後がポツポツ食うまずまずの展開。すると常連の富田さんのタイラバに2.7㎏の良型がやってきた。中だるみの時間があったが、後半になって2.5㎏ほかキロオーバーが連発した。
「東京湾でテンヤマダイ?釣れるの?」といった先入観を持つ人が多いようだが、筆者も昨年乗船して度肝を抜かれたひとりだ。
「でかいのが釣れるだけじゃなくて、ここのマダイはめちゃくちゃうまいです。ぜひ自分で釣って味わってみて」
この潮周りのターンでは4.7㎏、6.6㎏といったいった大物も。今ですぞ!

数釣りにはテンヤ、大型にはタイラバ

ポイントの水深は40〜60mほどだが、ときに80〜90mほどの深場を狙うことがある。さらに大潮周りで潮も速いこともあって他のエリアよりも重たい仕掛けを使う。
テンヤ、タイラバはそれぞれの好みでいいが、テンヤはアタリは多く数釣り、タイラバは大型が釣れるようになると有利になることが多いという。可能ならば、2タックル持参するのもいいだろう。
テンヤは使用するテンヤが15号以上。タックル自体はノーマルなテンヤタックルでいいが、重たい仕掛けを使うので硬めの竿がいいだろう。
タイラバは専用ロッドほかライトゲーム系のベイトタックルを使用する。こちらは食い込みを重視して軟らかめのものがおすすめだ。リールは小型両軸だが、小型電動を使用してもいいだろう。一定のスピードで巻き続けられるため、ビックリアワセをすることもなく、フッキングまでは持っていきやすい。
テンヤは15〜20号ほど。潮の影響を受けにくく、落下の早いカブラタイプがおすすめだ。「弁天屋」では船長自作の丸型のテンヤを販売しているので、こちらを使用するものおすすめだ。また、比重の重いタングステン製も威力を発揮する。
エサは冷凍エビが用意されるが、いつもではないが生きたエビがあることも。こちらは別料金だが、常連さんは「特エサになるよ」と使用する人も多いのだという。
タイラバは75〜100gほど。こちらは遊動式をすすめている。船宿では90gの遊動式を販売している。
「カラーは赤、オレンジ、ピンクが基本ですね。常連さんの中には赤しか使わずに実績をあげている人もいます」
このほかに、グリーンやゴールド系を用意しておけば安心だろう。
「タイラバのハリにアオイソメをつけるのもいいですよ。結構これであげています」
アオイソメのほかにワームなどをつけるのもいいだろう。この日、2.7㎏を釣った常連の富田さんもアオイソメ派で、毎回これで大型をかけているという。

釣れるマダイはでかい! チャンスは平等にある

① テンヤ
テンヤの釣り方は基本的な釣り方でOKだが、これから大型が出る時期はフォール中にも注意しよう。大型ほど、フォール中にひったくっていくようなアタリを出すことも。
軽くキャストして仕掛けを沈め、着底したら軽くあげてアタリを待つ。アタリがなければ竿いっぱいぶん持ち上げてゆっくりと落とし込むリフト&フォールでアタリを確認していく。底を取り直してこの動作を続けていく。
「魚が浮いているときは、上のタナも探ってみるといいですよ」
底ダチが取りづらい、取れないようなときは、一度回収して再投入。それでも難しいときはテンヤを重くして対応しよう。
大型が多くアタっているようなときは、ドラグ調整も若干強めにしておこう。硬い口に確実にフッキングさせるためだ。
②タイラバ
タイラバの基本は着底したらすばやく底から離し、巻き上げスタート。基本は2秒にハンドルを1回転くらいだが、潮によって調整してみよう。
「海底から20mくらいはさぐってみてください。結構上のほうでもアタリますよ」
実際、この日は良型のマダイが食ったのは10m以上あげてからだった。海底から追いかけてくる場合もあるし、浮いた魚が反応する場合もある。
いつも早巻きで実績をあげている常連の富田さんは、見た目ではかなりの早巻きだ。通常よりも早いと思えるが、それでいつも釣っているのだから参考にしよう。
タイラバは何度か往復したら、一度すべて巻き上げて落とし直すのもアタリを出すためのコツになる。どうしても 同じところを往復しているだけではアタリが出にくくなる。
アタリは、コンコンと竿先をたたくようなものからいきなり激しいときもある。慣れないといきなりアタリがあるとびっくりしてアワせてしまうことがあるが、これは禁物。
ここでビックリアワセを入れるとまずフッキングしない。アタリがあっても知らん振りするぐらいのつもりで、そのままのペースで巻き上げていく。すると、逃げるエサをさらに食おうと本アタリがやってくる。かなり強いアタリが来たら竿を持ち上げるようにアワせる。重量を感じたらそのまま一定のペースでやりとりする。
テンヤ、タイラバともある程度の大きさだと思ったらやりとりは竿を立て気味にして行おう。強い引きが来たときに竿でいなせるからだ。下向きにするといきなり引かれてバラシにつながることが多いのだ。
乗船前に事前に、その日の潮止まりの時間を調べておこう。潮止まりの前後はチャンスタイムになることが多く、集中して挑もう。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読