MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
桜の開花と共にイサキの季節が来た【南伊豆・外浦沖〜白浜沖周辺】

桜の開花と共にイサキの季節が来た【南伊豆・外浦沖〜白浜沖周辺】

南伊豆沖のイサキは周年数釣りできることで知られる。そのポイントは河津沖から須崎沖、横根周辺、神子元島周り、石廊崎沖まで多数ある。なかでも外浦沖とか白浜沖と呼ばれるこの海域は、周年を通してころっとしたナイスボディの良型イサキがコンスタントに釣れるとあって、イサキフリークの間でもとくに注目されている海域である。

西風に強いこの海域でナイスボディ良型イサキが桜の開花ともにシーズンイン! 爆釣を気軽に体感しよう!!

決めた! 3点掛け!!

「嘉福丸」は少人数でも出船可能。ただ釣りしに行くのではなく、温泉や花見を楽しみながらののんびり釣行がオススメ。

追い食いさせて3匹ヒットするとなかなかの手ごたえを感じることができる。

キタキタキターッ!

イサキのサイズはまずまずなので半日で80ℓクーラーを満タンにすることもできる。この日のトップは70匹オーバー。

桜咲く河津の沖では、こんな大型のイサキが標準ターゲットだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田外浦港「嘉福丸」。

各地で開幕しているイサキだが、ここ南伊豆外浦沖のイサキは良型が爆釣中だ。ここでは一年を通してよくイサキが釣れる。それほど、場荒れなくイサキの魚影濃いのが特徴。とくに、この時期におすすめしたい理由は、早咲きで有名な河津桜の開花とともに、南伊豆周辺のイサキシーズンが本格的に開幕するからだ。
「例年ですと、河津沖の居つきのジャンボイサキが桜の開花と同時によく釣れるようになります。イサキもほどよく脂がのっていて食べておいしいですから。今季はというと2月中はあまりぱっとしなかったのですが、白浜沖などのイサキは絶好調なのでかなり楽しめると思いますよ。模様があれば、もちろんジャンボイサキも狙いますよ」とは、この海域のみでほぼ一年釣り通す下田外浦港「賀福丸」の糸賀健吾船長。
釣り方はオキアミコマセ釣り。コマセマダイ釣りと釣り方もタックルもほぼ同じだ。ハリス長6m、3本バリ仕掛けがここのイサキ釣りの特徴といえよう。
ポイントの水深は40〜50m。魚の活性が高いと浅いタナで誰にでも簡単に追い食いさせることができるので女性やビギナーにも大変おすすめ。
3月前半は河津桜の開花時期。お花見をかねてのイサキ祭りを楽しめる。

仕掛けはハリス3〜4号、3本バリ長さ6m

コマセはオキアミを使用する。

付けエサは小ぶりのオキアミがベター。

さて、仕掛けだが、ハリス3〜4号全長6mでハリ数は3本のものを使用する。南伊豆エリアではハリ数は3本までと決まっている。
ハリスの長さが6mというと、南房総や外房、東京湾などでイサキ釣りの経験がある人からすると、長く感じるだろう。それには、きちんと意味があるという。
「白浜沖周辺のイサキ釣り場はあまり潮の流れが速くないんですよ。そんなポイントなので、ハリスは短いとエサ取り魚にあっという間にエサが取られてしまいます。だから、ハリスは6mなんです。食いがよいとき4.5mでもいいですよ」と、糸賀船長はハリスの長さのからくりを説明してくれた。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
最新記事
ポケットに入れられるPE対応ハサミ「セーフティーシザース」
更新: 2019-10-23 12:00:00
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
東京湾のサワラゲームが絶好調で開幕した。今シーズンは数もサイズも良く、こんなチャンスはなかなかない!という状況。サワラゲームのタックルはシーバス用の延長でOK!手軽なタックル&テクニックで楽しめるので、ぜひチャレンジしていただきたい。
更新: 2019-10-22 07:00:00
手にしやすいアカムツ専用ロッド登場「アカムツX」S210/М210
更新: 2019-10-21 12:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読