MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
神出鬼没のタチウオ、 突如爆釣スタート!【駿河湾奥沼津沖】

神出鬼没のタチウオ、 突如爆釣スタート!【駿河湾奥沼津沖】

太平洋に西風強風をもたらす西高東低の冬型の気圧配置。とくに今年は寒気とこの気圧配置のため、西風がよく吹いている。そんななか、西風の影響が沖に比べて少なく出船率が高いといわれる沼津沖では、2月初めより夜タチウオが爆釣モードに突入中だ。トップ100本釣果もあり、出船できれば50本オーバーもザラという。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

例年年始から3月にかけては良型メインで、ドラゴン級まじりの数釣りができるのが特徴だ

群れの上では同時ヒットはザラだ。手返しよく釣りをしよう。

アンカーを打たないで反応を追うスタイルをとることもあるので、船団が形成されやすい。

指5本6本のドラゴンもまじる。日によっては指4本以上サイズしか釣れない、ということもあるという。

凪ぎの夜は平日にも関わらず、ポイントには船団が形成されるほど大人気。

良型キャッチにほっくホク!!

鋭い歯でハリスをいとも簡単に切ってしまう。ハリのちもとのワイヤー仕掛けも有効だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津多比港「明栄丸」。

沼津沖のタチウオは夜釣りで楽しめる。シーズンはほぼ周年だが、例年年始から3月にかけては良型メインでドラゴン級まじりの数釣りができるのが特徴だ。
「2月初めの週は爆釣だったね。ポイントの水深が深いのが例年とちょっと違うところかな」とは、タチウオ漁師でもある、沼津多比港の綾部通雄船長の弁。
神出鬼没のタチウオだが、釣果の日ムラはどうしても否めない。だが、この食いっぷりはどうやら本物のようで、僚船ではトップ100本、60本超えなどはザラだったようだ。
「ここのタチウオは食べておいしいからね。指4本サイズなら一人10本も釣れば十分お土産になりますよ」と船長はタチウオの味に太鼓判を押す。
ポイントの水深は80m前後とちょっと深めだが、食いダナは水深50mより上。群れによっては水面近くでアタることもある。
エサはサンマの切り身。仕掛けはハリス10号前後長さ1.5〜2m1本バリがオススメ。ルアーのように誘って掛けたいならハリスは短め、置き竿でじっくり食わせたいならハリスは長めがよいと綾部船長はアドバイス。
「とにかく難しいことは考えないで釣りを楽しんでください」と話す綾部船長。釣れるタチウオを楽しむならいまだ!!

仕掛けは1本バリ。ハリスは 誘い派は短く、置き竿派は長め

エサはサンマの切り身。

綾部船長オススメのハリはこのようにハリがブラブラするものがよいという。

沼津沖では赤色の水中ライトに一番実績がある。

市販の仕掛けも使える。ハリスは8号以上。ハリのチモトアイテムの活用が流行とか。

夜タチウオのエサ釣りは、オモリ60〜80号を使う。
仕掛けは東京湾と同じく、近年はテンビン吹き流し1本バリが主流。
ハリスの太さは8号以上で、沼津多比港「明栄丸」の綾部通雄船長は、ハリス10〜12号をすすめている。
「夜釣りはあまりハリスの太さにはこだわらなくていいですよ。大事なのはハリスの長さかな。誘いのスタイルによって長さを変えてください」と船長。
具体的にはどういうことか。
まず、誘い派は、ハリス長は1.5〜2m。置き竿派は長めの2.5mでよいという。
ハリのサイズは2/0を基準にして、良型ばかりなら3/0、小型が多いようなら1/0を選択する。基本的には、タチウオの活性が高いときは、大きめのハリでよいという。
船長がすすめる仕掛けは、環付きのタチウオ専用バリに0.4㎜のピアノ線の端を輪にしてそこに環付きハリを接続するというもの。ピアノ線の長さは長くても5㎝ほど。そこに夜光ビーズを通すか、夜光パイプを通す。これで、タチウオの歯によるハリス切れはかなり減少するという。
ハリがブラブラしているのが特徴で固定式よりもタチウオの掛かりがよいという。これらすべてタチウオ漁から学んだものであるというので、まずその効果は間違いないだろう。
もちろん、市販の仕掛けでもよい。タチウオが高活性のときは、どんな仕掛けにもヒットするので、ハリスの太さに気をつけてさまざまなもの試してみよう。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル