MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
爆乗り警報発令中! 数釣りチャンス! 相模湾のヤリイカ【相模湾】

爆乗り警報発令中! 数釣りチャンス! 相模湾のヤリイカ【相模湾】

今年の相模湾のヤリイカは間違いなく当たり年だ。連日、爆乗りが続いている。

perm_media 《画像ギャラリー》爆乗り警報発令中! 数釣りチャンス! 相模湾のヤリイカ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

雪が多い年はヤリイカが好調だと言われているが、今シーズンは、まさにそんな激アツのシーズンとなっている

この日は後半南西強風予報が出ていたので近場で狙ったが大型がバリバリ乗った。

水深が深いときは一度にどれだけ乗せられるかで釣果に差がつく。

この日の船上は、女性の姿が目立った。そしてみなさんしっかりと乗せていました!

「6杯掛けもできたし楽しいですね」

「着乗りもあるけど、誘って多点掛けを狙いたいですね」と北本茂照・ダイワフィールドテスター。

ジャンボ級のオスヤリが一気に乗っ込んできている。

常連の石田さんは「春盛丸」のエース。見事な手さばきを見せる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・長井漆山港「春盛丸」。

「1月後半からメスのヤリイカが入ってきて、その後大型のオスが大挙して乗っ込んできましたね。どこにでも群れがいますよ」と、長井漆山港「春盛丸」の沼田孝章船長は言う。
雪が多い年はヤリイカが好調だ、と言われるが、今シーズンはまさにそんな激アツのシーズンとなっている。
この日も、朝方少しサバが邪魔する時間帯があったが、その後はずっと乗りっぱなし。水深は150〜200mほど。深場ではいかに追い乗りさせるかで釣果が大きく変わってくる。
「着乗りしたら、その場で誘ってもいいし、ごくゆっくりのスピードで上げてきても追い乗りします」と北本茂照テスターは何と何との10杯掛けパーフェクトを達成。
ヤリイカは今が乗せどきですぞ!

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル