MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】

この寒さもあってか、なかなか元気のある釣り物が少ない現在の東京湾にあって、ファンの間で盛り上がっているのがアマダイだ。良型主体にときに50㎝オーバーも。終盤戦ながら依然衰え知らず。そこで、2月8日、久比里「巳之助丸」から狙ってきた。

perm_media 《画像ギャラリー》まだまだチャンスあり! 大型好調! 東京湾のアマダイ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

40㎝オーバーは毎日確実に出ている、50㎝超えも結構出ている

ラスト近くに来た46㎝の大型。50㎝オーバーのチャンスもある。

ポイントは剣崎沖周辺の70〜90mダチ。

「底をたたいてから誘うと食ってきました」と40㎝オーバーの良型ゲット。

ドクター近藤惣一郎が良型を食わせた。タックルはニュー「リーディング」と「シーボーグLTD200J」のコンビ。

この日は一日中満遍なくアタった。

開始早々にいきなり40㎝オーバーが来た。ラストに3段引きを見せてくれアマダイを確信。

「アマダイ初挑戦で5匹釣れました!」

水深は70〜80㎝がメイン。

船宿支給のエサはしっかりとしてエサ持ちもいい。状況によってガン玉をつけるのもいい。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「巳之助丸」。

今シーズン、各地で好調が続くアマダイだが、東京湾でもいぜん良型主体の釣りが続いていて、ファンを楽しませてくれている。
「いきなり増える魚でもないけど、今年はいいですね。40㎝オーバーは毎日確実に出ていますし、50㎝オーバーも結構出ています」と、久比里「巳之助丸」の臼井美喜男船長は言う。
終盤戦に入った今もなお、連日良型が釣れ続き大いに盛り上がっている。厳冬期に入り、なかなか釣り物が限られる中で安定して釣れている、有望株といえるだろう。
ポイントは剣崎沖水深70〜90mほど。タナを調整しながらその日のアマダイのタナを探り出せば、ツンツンツンとしたアタリから、ギューンと絞り込むアタリに変わる。途中で軽くなったと思いきや、残り30mほどで再び強い引きを見せてくれて思わず「アマダイだ」とニンマリ。
「50㎝級はハリスを切られることもあるから最初は慎重に手で巻いてね」
さあ、ラストスパートで大型をゲットしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル