MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

船中で大型のアジが釣れ盛り、バケツの水が跳ねる。40㎝級も姿を見せ、走水に来た意味を実感する。指示ダナでコマセを振り、誘っていくとギュギュっと竿が絞り込まれた! アワセを入れ、電動リールのドラグが滑りながら巻き上げにかかる。

perm_media 《画像ギャラリー》狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日は35〜40㎝が連発! もちろん40㎝超も!

取材当日は40㎝を超える大アジもまじった。

サイズのいいアジは重量感もあって、引きも強い。

女性アングラーも大アジゲット!

ビシは150号のMサイズ。

走水沖のアジは極上の味!

サイズのいいアジは無理に抜き上げず、タモで確実に!

取材当日は良型主体だったのでクーラーがすぐに埋まった。

付けエサはアカタン。

大アジは釣り味も抜群!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」。

走水沖は周年40㎝を超えるアジが出る。特大サイズを「ブタアジ」と呼ぶ走水港「吉明丸」では、中・大アジを中心に狙い、釣り客を魅了する。
大アジ狙いはじっくりアタリを待つイメージだったが、鈴木雅之船長によれば「コマセを振った後、しっかり誘うことが大切」という。取材当日も竿頭は胴の間で誘い続けた人だ。
朝方に大アジポイントで入れ食いを味わい、続いて中小型のなかから良型のまじる場所へ向かったが、ひっきりなしにアタリが続いた。太いマサバもまじる。状況によってはマダイがくることもあるので油断できない。
「アジこそ釣っても食べても美味しい魚だから、ぜひ釣りに来てください」と鈴木船長。
取材時は「寒いので、年間で一番難しい時期」だというが、トップは57匹、数日前にはトップ80匹の釣果もあった。
アジの場所は年間を通して40〜70mダチで、状況によっては130mの場所にも走るという。
料理は刺身、干物、フライに加え、船宿のお勧めは野菜や卵、片栗粉を混ぜた薩摩揚げ。マアジで作れるのは釣り人の特権だ。
春の訪れとともに水温が上昇すれば、活性も上がり、さらに数が期待できる。釣況はこれから上向いていく見込みだ。この春、ビシアジを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル