MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

船中で大型のアジが釣れ盛り、バケツの水が跳ねる。40㎝級も姿を見せ、走水に来た意味を実感する。指示ダナでコマセを振り、誘っていくとギュギュっと竿が絞り込まれた! アワセを入れ、電動リールのドラグが滑りながら巻き上げにかかる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

取材当日は35〜40㎝が連発! もちろん40㎝超も!

取材当日は40㎝を超える大アジもまじった。

サイズのいいアジは重量感もあって、引きも強い。

女性アングラーも大アジゲット!

ビシは150号のMサイズ。

走水沖のアジは極上の味!

サイズのいいアジは無理に抜き上げず、タモで確実に!

取材当日は良型主体だったのでクーラーがすぐに埋まった。

付けエサはアカタン。

大アジは釣り味も抜群!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」。

走水沖は周年40㎝を超えるアジが出る。特大サイズを「ブタアジ」と呼ぶ走水港「吉明丸」では、中・大アジを中心に狙い、釣り客を魅了する。
大アジ狙いはじっくりアタリを待つイメージだったが、鈴木雅之船長によれば「コマセを振った後、しっかり誘うことが大切」という。取材当日も竿頭は胴の間で誘い続けた人だ。
朝方に大アジポイントで入れ食いを味わい、続いて中小型のなかから良型のまじる場所へ向かったが、ひっきりなしにアタリが続いた。太いマサバもまじる。状況によってはマダイがくることもあるので油断できない。
「アジこそ釣っても食べても美味しい魚だから、ぜひ釣りに来てください」と鈴木船長。
取材時は「寒いので、年間で一番難しい時期」だというが、トップは57匹、数日前にはトップ80匹の釣果もあった。
アジの場所は年間を通して40〜70mダチで、状況によっては130mの場所にも走るという。
料理は刺身、干物、フライに加え、船宿のお勧めは野菜や卵、片栗粉を混ぜた薩摩揚げ。マアジで作れるのは釣り人の特権だ。
春の訪れとともに水温が上昇すれば、活性も上がり、さらに数が期待できる。釣況はこれから上向いていく見込みだ。この春、ビシアジを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル