MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

狙いは大・中アジ! 釣り味も食味も抜群、走水沖のビシアジ【走水沖】

船中で大型のアジが釣れ盛り、バケツの水が跳ねる。40㎝級も姿を見せ、走水に来た意味を実感する。指示ダナでコマセを振り、誘っていくとギュギュっと竿が絞り込まれた! アワセを入れ、電動リールのドラグが滑りながら巻き上げにかかる。

取材当日は35〜40㎝が連発! もちろん40㎝超も!

取材当日は40㎝を超える大アジもまじった。

サイズのいいアジは重量感もあって、引きも強い。

女性アングラーも大アジゲット!

ビシは150号のMサイズ。

走水沖のアジは極上の味!

サイズのいいアジは無理に抜き上げず、タモで確実に!

取材当日は良型主体だったのでクーラーがすぐに埋まった。

付けエサはアカタン。

大アジは釣り味も抜群!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「吉明丸」。

走水沖は周年40㎝を超えるアジが出る。特大サイズを「ブタアジ」と呼ぶ走水港「吉明丸」では、中・大アジを中心に狙い、釣り客を魅了する。
大アジ狙いはじっくりアタリを待つイメージだったが、鈴木雅之船長によれば「コマセを振った後、しっかり誘うことが大切」という。取材当日も竿頭は胴の間で誘い続けた人だ。
朝方に大アジポイントで入れ食いを味わい、続いて中小型のなかから良型のまじる場所へ向かったが、ひっきりなしにアタリが続いた。太いマサバもまじる。状況によってはマダイがくることもあるので油断できない。
「アジこそ釣っても食べても美味しい魚だから、ぜひ釣りに来てください」と鈴木船長。
取材時は「寒いので、年間で一番難しい時期」だというが、トップは57匹、数日前にはトップ80匹の釣果もあった。
アジの場所は年間を通して40〜70mダチで、状況によっては130mの場所にも走るという。
料理は刺身、干物、フライに加え、船宿のお勧めは野菜や卵、片栗粉を混ぜた薩摩揚げ。マアジで作れるのは釣り人の特権だ。
春の訪れとともに水温が上昇すれば、活性も上がり、さらに数が期待できる。釣況はこれから上向いていく見込みだ。この春、ビシアジを楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読