MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

一日を前、後半に分けて複数の魚種を狙うリレー釣り。片貝港「二三丸」のリレー釣りでは、一風変わった釣り物を狙うと聞く。ヤリイカとキンメダイを狙う通称「ヤリキン」リレーだ。

うまくオマツリをかいくぐればキンメダイ、ヤリイカの本命の型をコンスタントに見られた

「二三丸」のキンメダイ、ヤリイカリレーは、朝のタナが低い時間帯にキンメダイを狙う。

キンメダイのタナが深くなるとヤリイカに移行。

深いところから巻き上げているときはワクワクする。

多点掛けは嬉しい。

取材者も本命を手にした。

この時期のヤリイカは大型主体の釣果が期待できる。

今や超高級魚のキンメダイ。とても美味しい魚だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

片貝沖の片貝海溝付近は古くからキンメダイの好漁場として知られる。しかし遠浅の九十九里沖がゆえに、ポイントまでは片道約2時間。せっかくここまで行くのだったら、キンメダイだけでなく、ほかにもお土産を作ろうというのが「二三丸」の小倉忠船長の発想。キンメダイのポイントから15分ほどのところにヤリイカの好漁場があるため、ならばヤリキンリレーにしてしまおうとなった。
「ヤリキン」リレーは2〜3月の2カ月限定。今年も2月4日に開幕を迎えた。
「昨年は片貝海溝の海底に落とされたかのように絶不調だったけど、今年はなんとか崖を駆け登っているよ。初日からキンメダイもヤリイカも型を見ていてまずまずじゃないかな?」と小倉船長。
期待に胸を膨らませて2月17日に片貝港へ向かった。残念ながらこの日は潮流が複雑に入り組んでオマツリに苦しんだ。しかし、うまくオマツリをかいくぐればキンメダイ、ヤリイカの本命の型をコンスタントに見られた。
釣るも良し、そして食べるも良しの珍しい組み合わせのリレー釣り。残り1カ月を存分に楽しみたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読