MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】

一日を前、後半に分けて複数の魚種を狙うリレー釣り。片貝港「二三丸」のリレー釣りでは、一風変わった釣り物を狙うと聞く。ヤリイカとキンメダイを狙う通称「ヤリキン」リレーだ。

perm_media 《画像ギャラリー》狙うはキンメダイとヤリイカ、片貝沖の豪華リレー【片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

うまくオマツリをかいくぐればキンメダイ、ヤリイカの本命の型をコンスタントに見られた

「二三丸」のキンメダイ、ヤリイカリレーは、朝のタナが低い時間帯にキンメダイを狙う。

キンメダイのタナが深くなるとヤリイカに移行。

深いところから巻き上げているときはワクワクする。

多点掛けは嬉しい。

取材者も本命を手にした。

この時期のヤリイカは大型主体の釣果が期待できる。

今や超高級魚のキンメダイ。とても美味しい魚だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「二三丸」。

片貝沖の片貝海溝付近は古くからキンメダイの好漁場として知られる。しかし遠浅の九十九里沖がゆえに、ポイントまでは片道約2時間。せっかくここまで行くのだったら、キンメダイだけでなく、ほかにもお土産を作ろうというのが「二三丸」の小倉忠船長の発想。キンメダイのポイントから15分ほどのところにヤリイカの好漁場があるため、ならばヤリキンリレーにしてしまおうとなった。
「ヤリキン」リレーは2〜3月の2カ月限定。今年も2月4日に開幕を迎えた。
「昨年は片貝海溝の海底に落とされたかのように絶不調だったけど、今年はなんとか崖を駆け登っているよ。初日からキンメダイもヤリイカも型を見ていてまずまずじゃないかな?」と小倉船長。
期待に胸を膨らませて2月17日に片貝港へ向かった。残念ながらこの日は潮流が複雑に入り組んでオマツリに苦しんだ。しかし、うまくオマツリをかいくぐればキンメダイ、ヤリイカの本命の型をコンスタントに見られた。
釣るも良し、そして食べるも良しの珍しい組み合わせのリレー釣り。残り1カ月を存分に楽しみたい。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル