MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
幻の2.5㎏が現実に釣れる!! 館山沖のオニカサゴ【館山沖】

幻の2.5㎏が現実に釣れる!! 館山沖のオニカサゴ【館山沖】

中深場釣り師なら噂ぐらいは聞いたことがあるだろう、内房館山にオニカサゴ一筋に情熱を傾ける熱血船長がいることを。船形港「真澄丸」の高橋忠船長がその人で、「鬼閃流」を標榜し師範はたまた求道者かのごとくオニカサゴ道を究めようとしている船長だ。節分の翌週とはなったがシーズン的にオニ退治にはうってつけとばかりに、取材に伺った。

「鬼閃流」を標榜し『釣り』というよりも『オニカサゴ道』といった雰囲気を醸し出す「真澄丸」

グッドサイズを2匹キャッチ。オニカサゴは食べてもおいしい超高級魚、刺身や鍋と、タップリ味わえる。

取材当日は潮が全く流れず波も高い悪条件の中での釣行となった。

南房の大オニ狙いでは、2㎏オーバーも姿を見せる。船長が常に狙っているのは、2.5㎏クラスだ!

良型のオニカサゴがタモに入り、釣り人と船長がガッチリ握手!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船形港「真澄丸」。

オニカサゴを得意としている船は房総各地にいくつかあるが、中でも人一倍どころか二倍も三倍もこだわりを持つのが、館山、船形港の「真澄丸」だ。
高橋忠船長は自他共に認めるオニフリークで「オニカサゴには敬意、畏敬の念すら抱いていますよ」というほど。思いは熱く、巻き上げ途中に「サメだよ」なんてつぶやけば、予想が外れ例え大オニが浮上したとしても没収されリリース。「サメだ、なんて決め付けると巻き上げが雑になる。大体釣りで一番楽しいはずの期待で胸いっぱいの巻き上げの時間を自ら放棄しているようなもんでしょ」がその理由で「ウチのやり方を理解してくれる人だけ来てくれればいい」と言う。
こう書くといかにも頑固一徹な船長のように聞こえるかも知れないが、教えを請えばビギナーにも優しく手取り足取りで丁寧に教えてくれる。取材当日も潮が全く流れず波も高い悪条件の中、オニカサゴビギナーや貸し竿メンバーもいる中で、1名を除き全員に良型(最大1.8㎏)を釣らせ、1匹釣り上がる度に釣り人以上に大喜びする人柄だ。「鬼閃流」を標榜し『釣り』というよりも『オニカサゴ道』といった雰囲気を醸し出す「真澄丸」。この船で夢サイズ(2㎏オーバー)幻サイズ(2.5㎏同)を目指す方が多いのも頷ける。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読