MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。近年では夏場のわずかな期間をのぞき、ほぼ周年楽しめる、身近な存在になっている。

perm_media 《画像ギャラリー》青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】の画像をチェック! navigate_next

「松鶴丸」では、午前船、午後船ともに前半戦はワラサ狙い、後半戦はヒラマサ狙いというイメージで展開していく

水深60〜70mのジギングでグッドボディワラサ!!

ミヨシはキャスティングがしやすい反面、ラフコンディションでは釣りづらく、危険も伴う。慣れない人は避けたほうが無難だ。

ジギングとキャスティング、両方のタックルをセットしておくのが基本だ。

本命ヒラマサも、もちろんヒット中!

使用しているジグの特性にあったジャークができるか、が基本。この引き出しが多い釣り人が、やはり強い。

オーバーヘッドキャストが可能なのは四隅のみ。アンダーハンドでのキャスティングをマスターしておきたい。

この季節はこのワラサも本命だ。力強いファイトを満喫できる。

ジグではセミロングで150g前後のものが定番。スライド幅が異なるものをいくつか用意しておくとよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

冬場でもヒラマサは十分に狙えるが、ワラサ狙いの割合が増えてくるのも現実。常連さんもヒラマサ! ヒラマサ! ではなく、両者の釣趣をそれぞれに堪能しているようだ。
大原港の「松鶴丸」では、午前船、午後船ともに前半戦はワラサ狙い、後半戦はヒラマサ狙いというイメージで展開していくことが多い。
「4月に入ればヒラマサをメインにした攻め方をすることも多くなりますが、それまではワラサを中心に狙うことが多いですね。1月中は群れが固まらずに苦戦することもありましたが、次第に調子が上がっていますよ」
とは中村真也船長。
水深60〜70mを舞台としたジギングメインでのワラサ狙い、ときに水深10m台まで視野に入れ、水深40〜50mを中心としたヒラマサ狙いではジギング&キャスティングも楽しめる。冬場は食味の良さで人気を集めるサワラや、メジの期待もある。
ヒラマサだけではなく、バラエティ豊かに楽しめる冬場の外房沖。これもルアーフィールド、外房沖の大きな魅力のひとつだ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
今期コノシロパターンゲーム絶好調!ビッグシーバスはビッグなルアーで攻略する!活況を呈している東京湾のビッグシーバスゲーム。初挑戦を考えるアングラーを対象に基本を紹介していこう。
最新記事
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル