MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】

ヒラマサ狙いで人気を集める外房沖。近年では夏場のわずかな期間をのぞき、ほぼ周年楽しめる、身近な存在になっている。

perm_media 《画像ギャラリー》青物ゲームがおもしろい! ヒラマサ&ワラサ活況!!【外房沖】の画像をチェック! navigate_next

「松鶴丸」では、午前船、午後船ともに前半戦はワラサ狙い、後半戦はヒラマサ狙いというイメージで展開していく

水深60〜70mのジギングでグッドボディワラサ!!

ミヨシはキャスティングがしやすい反面、ラフコンディションでは釣りづらく、危険も伴う。慣れない人は避けたほうが無難だ。

ジギングとキャスティング、両方のタックルをセットしておくのが基本だ。

本命ヒラマサも、もちろんヒット中!

使用しているジグの特性にあったジャークができるか、が基本。この引き出しが多い釣り人が、やはり強い。

オーバーヘッドキャストが可能なのは四隅のみ。アンダーハンドでのキャスティングをマスターしておきたい。

この季節はこのワラサも本命だ。力強いファイトを満喫できる。

ジグではセミロングで150g前後のものが定番。スライド幅が異なるものをいくつか用意しておくとよい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

冬場でもヒラマサは十分に狙えるが、ワラサ狙いの割合が増えてくるのも現実。常連さんもヒラマサ! ヒラマサ! ではなく、両者の釣趣をそれぞれに堪能しているようだ。
大原港の「松鶴丸」では、午前船、午後船ともに前半戦はワラサ狙い、後半戦はヒラマサ狙いというイメージで展開していくことが多い。
「4月に入ればヒラマサをメインにした攻め方をすることも多くなりますが、それまではワラサを中心に狙うことが多いですね。1月中は群れが固まらずに苦戦することもありましたが、次第に調子が上がっていますよ」
とは中村真也船長。
水深60〜70mを舞台としたジギングメインでのワラサ狙い、ときに水深10m台まで視野に入れ、水深40〜50mを中心としたヒラマサ狙いではジギング&キャスティングも楽しめる。冬場は食味の良さで人気を集めるサワラや、メジの期待もある。
ヒラマサだけではなく、バラエティ豊かに楽しめる冬場の外房沖。これもルアーフィールド、外房沖の大きな魅力のひとつだ。

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル