MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

誰でも手軽に楽しめるルアーゲームの代表格、東京湾のシーバスが依然好調だ。

perm_media 《画像ギャラリー》引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

ルアーゲーム入門は今がチャンスだっ!

この日はサンヨーナイロンの大澤さんグループが乗船。時合ともなれば4人同時ヒットも!

2月中旬の取材ではアクアラインの風の塔や大型船周りをジギングで攻めた。風の塔ではフッコサイズの数釣りが楽しめた。

三国豊さんは竿頭でしかも良型を連発!

ジギングのタックルはフォールのアタリが取りやすいベイトが有利。

キャスティング南柏店の高木祥行さんもシーバスジギングを満喫。

シーバスが吐き出したカタクチイワシ。60〜80gのジグと同じサイズだった。

大型船周りでは大澤さんも良型を連発!

ジグは40〜80gを用意。大澤さんのラインはPE0.8号、リーダーはナイロンの20ポンドを使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

2月中旬の取材時の釣り方の基本はジギング。これはメタルジグと呼ばれるルアーを海底まで落とし、グルグルと速めにリールを巻いては落とすを繰り返すだけだ。ただ、やはりより数を釣ろうとなると、どんな釣りでもそうだが、非常に奥深い世界が待っているのはこのシーバスも同じである。
さて、この日はラインメーカー「サンヨーナイロン」の大澤康広さんグループが乗船。シーバスジギング初挑戦の方もいるなか、時合ともなれば4人同時ヒットなどもあり、60㎝前後の良型も多数取り込まれ船上は大盛り上がり!!
「本誌が出るタイミングは、そろそろ湾奥にもシーバスたちが入って来る頃。そうなると、ウチの得意とする穴撃ちなどのキャスティングゲームも面白くなってきます。タックルはジギング以外にもキャスティングも用意してくださいね!」とは千葉港「小峯丸」の小峯雄大船長。
例年ゴールデンウイーク前までが東京湾のシーバスゲームのシーズン。残りシーズンもあと少し。さあ、今こそ釣行のチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
首都圏近郊では、屈指の爆発力を誇る常磐エリアのジギングゲーム。今年も4月上旬の開幕からイナダ&ワラサに、日並でヒラマサやヒラメも加わって大盛況が続いている。
東京湾タチウオジギングが好調!4月下旬の横浜新山下「渡辺釣船店」での実釣取材時は走水沖、久里浜沖を攻め、ほぼ全員が120㎝近い腹太ドラゴンをキャッチ。トップは16本を記録した。
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル