MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

引き味抜群! 手軽に楽しめる! 東京湾シーバスに行こう!【東京湾】

誰でも手軽に楽しめるルアーゲームの代表格、東京湾のシーバスが依然好調だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ルアーゲーム入門は今がチャンスだっ!

この日はサンヨーナイロンの大澤さんグループが乗船。時合ともなれば4人同時ヒットも!

2月中旬の取材ではアクアラインの風の塔や大型船周りをジギングで攻めた。風の塔ではフッコサイズの数釣りが楽しめた。

三国豊さんは竿頭でしかも良型を連発!

ジギングのタックルはフォールのアタリが取りやすいベイトが有利。

キャスティング南柏店の高木祥行さんもシーバスジギングを満喫。

シーバスが吐き出したカタクチイワシ。60〜80gのジグと同じサイズだった。

大型船周りでは大澤さんも良型を連発!

ジグは40〜80gを用意。大澤さんのラインはPE0.8号、リーダーはナイロンの20ポンドを使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・寒川港「小峯丸」。

2月中旬の取材時の釣り方の基本はジギング。これはメタルジグと呼ばれるルアーを海底まで落とし、グルグルと速めにリールを巻いては落とすを繰り返すだけだ。ただ、やはりより数を釣ろうとなると、どんな釣りでもそうだが、非常に奥深い世界が待っているのはこのシーバスも同じである。
さて、この日はラインメーカー「サンヨーナイロン」の大澤康広さんグループが乗船。シーバスジギング初挑戦の方もいるなか、時合ともなれば4人同時ヒットなどもあり、60㎝前後の良型も多数取り込まれ船上は大盛り上がり!!
「本誌が出るタイミングは、そろそろ湾奥にもシーバスたちが入って来る頃。そうなると、ウチの得意とする穴撃ちなどのキャスティングゲームも面白くなってきます。タックルはジギング以外にもキャスティングも用意してくださいね!」とは千葉港「小峯丸」の小峯雄大船長。
例年ゴールデンウイーク前までが東京湾のシーバスゲームのシーズン。残りシーズンもあと少し。さあ、今こそ釣行のチャンスだ!

以上の記事は「つり丸」2018年3月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル