MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これはおもしろい! 鹿島沖のひとつスッテヤリイカ【常磐・鹿島沖】

これはおもしろい! 鹿島沖のひとつスッテヤリイカ【常磐・鹿島沖】

鹿島沖にヤリイカの大群が襲来中だ。なんと昼間に水深80m以浅で良型ヤリイカがノリノリという。水深浅く手返しを早くできるのでトップ100杯もザラだ。

ヤリイカ襲来! 乗っ込みで浅場に大集結中!!

鹿島沖のヤリイカはナマリスッテに好反応。フォールで乗った。

仕掛けの投入がスムーズな釣り人には、バンバンイカが乗る。

2本のスッテに3杯のヤリイカ!!

ナマリスッテとエダスに浮きスッテを付けて試した。

ブリーデンのイカジグに鹿島沖のヤリイカが好反応を示した。スルメも多くヒットした。

使用した鉛スッテは10号から20号。

とにかく簡単! ボトムをとったらシャクるだけで乗る!

リールはスピニングが使いやすい。ロッドはひとつテンヤ用。

エダスの浮きスッテは赤帽子が定番。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第三幸栄丸」。

さて、新しいライトタックル釣法であるひとつスッテゲームを関東エリアに持ち込んだ「つり丸」スタッフとしては、この状況を黙って見過ごすわけにはいかない。デイゲームでスッテゲームが成立すれば、バッチリと思い、精鋭スタッフを集めてさっそくチャレンジ! 水深80mと予想よりポイントの水深が深かったが、結果は大成功。
ひとつテンヤマダイタックル&PE0.6号ライン、ナマリスッテの組み合わせで入れ乗りを体感できたのだ。
ダイレクトなアタリ、そして、引き。今までデイゲームでは味わったことのない感触を堪能できた。
鹿島港「幸栄丸」では今後このスタイルを積極的に取り入れていくという。イカ新時代の幕開けだ!!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
主役のアカハタはもちろん、オオモンハタの大型を高確率で狙える聖地西伊豆エリア!HRFゲームのパイオニア「ふじなみ丸」が提起するアカハタ&オオモンハタの遊び方!
荒根の中で根魚を狙うHRFゲーム!伊東港「たか丸」では谷洋平船長が、ソフトルアーを使ったアカハタゲームに、ジグやタイラバも併用し伊東沖の楽しい遊び方を提供してくれる!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読