MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】

提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】

砂浜がつづく千葉県・九十九里浜の沖に、2000mまで一気に落ち込むドン深の溝がある。アカムツ、キンメダイ、アコウダイなどの高級根魚を育む片貝海溝だ。

perm_media 《画像ギャラリー》提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

専用タックルを駆使して、400mもの深海を狙うアコウダイ釣りは、日本が世界に誇れる釣りだ!

良型アコウダイが鈴鳴りで上がってくる。たった1投だけで、十分なお土産が確保できることもしばしば。

この時期、多点掛けは珍しくない。

春は良型が多い。これだけでもお土産は十分。

3㎏級主体に5㎏級も上がる!

ゲストには大型のアカムツがまじった。

あっちもこっちも提灯行列連発!

「正一丸」ではシンプルな仕掛けをすすめている。エサはイカのタンザク。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

この豊穣の海を主な舞台とし、地の利を生かして季節に応じたターゲットを狙っている片貝旧港「正一丸」。海老原正船長と海老原三利船長が操船する大型二隻の兄弟船だ。
3月中旬、その「正一丸」に取材で訪れた。狙いは好調に釣れ始めたアコウダイ。産卵期にあたる今は、釣れる水深が浅くなって釣りやすいのだ。
「仕掛けが着底したら、水深が深くなっていくのか、浅くなっていくのかを判断して仕掛けを操るのが大事。仕掛けには水中ランプやタコベイトなど余計なものは付けず、シンプルな仕掛けで充分。それよりエサの切り方を覚え、長さをそろえることのほうが大事」と海老原正船長はアドバイスする。
さらに、「この釣りは共同作業だよ。魚が付けば(ハリに掛かれば)、オマツリは仕方がない。次の投入にみんなが仕掛けを入れられるように、協力してオマツリを外していくんだ」とも話す。
専用タックルを駆使して、400mもの深海を狙うアコウダイ釣りは、日本が世界に誇れる釣りだ。その釣りが今、まさに最盛期を迎えている!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル