MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】

提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】

砂浜がつづく千葉県・九十九里浜の沖に、2000mまで一気に落ち込むドン深の溝がある。アカムツ、キンメダイ、アコウダイなどの高級根魚を育む片貝海溝だ。

perm_media 《画像ギャラリー》提灯行列連発! 片貝沖のアコウダイ【外房・片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

専用タックルを駆使して、400mもの深海を狙うアコウダイ釣りは、日本が世界に誇れる釣りだ!

良型アコウダイが鈴鳴りで上がってくる。たった1投だけで、十分なお土産が確保できることもしばしば。

この時期、多点掛けは珍しくない。

春は良型が多い。これだけでもお土産は十分。

3㎏級主体に5㎏級も上がる!

ゲストには大型のアカムツがまじった。

あっちもこっちも提灯行列連発!

「正一丸」ではシンプルな仕掛けをすすめている。エサはイカのタンザク。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

この豊穣の海を主な舞台とし、地の利を生かして季節に応じたターゲットを狙っている片貝旧港「正一丸」。海老原正船長と海老原三利船長が操船する大型二隻の兄弟船だ。
3月中旬、その「正一丸」に取材で訪れた。狙いは好調に釣れ始めたアコウダイ。産卵期にあたる今は、釣れる水深が浅くなって釣りやすいのだ。
「仕掛けが着底したら、水深が深くなっていくのか、浅くなっていくのかを判断して仕掛けを操るのが大事。仕掛けには水中ランプやタコベイトなど余計なものは付けず、シンプルな仕掛けで充分。それよりエサの切り方を覚え、長さをそろえることのほうが大事」と海老原正船長はアドバイスする。
さらに、「この釣りは共同作業だよ。魚が付けば(ハリに掛かれば)、オマツリは仕方がない。次の投入にみんなが仕掛けを入れられるように、協力してオマツリを外していくんだ」とも話す。
専用タックルを駆使して、400mもの深海を狙うアコウダイ釣りは、日本が世界に誇れる釣りだ。その釣りが今、まさに最盛期を迎えている!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
最新記事
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル