MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
本番の南房でイサキ本番! 手軽に数釣りが楽しめる!!【南房】

本番の南房でイサキ本番! 手軽に数釣りが楽しめる!!【南房】

今年の天候不順にはほとほと手を焼く。3月も中旬を過ぎたというのに真冬並みの寒さが続き、連日強風に吹きまくられる。誰かに八つ当たりしたくなるほどだが、八つ当たりで済む沖釣り師はまだいい。エリアによっては「3月になって出られた日は数日」という港も多く、船宿さんにとっては死活問題でさえあるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》本番の南房でイサキ本番! 手軽に数釣りが楽しめる!!【南房】の画像をチェック! navigate_next

本格的に食い出せば、1人50匹オーバーもあるぞ!

3月から開幕した南房のイサキ。コマセに慣れて根に着くと釣果アップまちがいなし。これからが本番だ!

ビシ60号、ハリス3mの仕掛けは扱いやすく、コマセ釣り入門にもおすすめ。

ゲストはオキメバル、メジナ、ウマヅラなど。

水温上昇とともに活性が高くなる。イサキも元気になるこれからは引き味もアップ!

今のところ50~60mとタナは深めだが、今後は20mほどの浅場での釣りとなるはず。

おいしい南房のイサキ。いろいろな料理を楽しもう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎港「佐衛美丸」。

南房でコマセ釣り入門に最適なイサキ釣りが開幕した。ビシ60号、ハリス3mの仕掛けは扱いやすく、タナさえ守ればボウズはまずありえない。しかもオキメバルやメジナ、ウマヅラなどさまざまな魚種と出会えるのもビギナーにはうれしいところだ。
「まだ始まったばかりでコマセにも慣れていない感じですね。でも毎年のことで、もうしばらくすれば根に着くようになって、数も型も期待できるようになりますよ」とは、12月に進水したての新造船で出船中の洲崎港「佐衛美丸」早川忠信船長だ。
目下タナ50~60mとイサキにしては深場を狙う場合もあって、トップ30匹前後の釣果だが、今後は20m程の浅場での釣りとなり、釣りやすくなると同時に釣果もグンとアップするのが例年のパターン。コマセになれてくればトップ50匹前後の釣果も増えてくるだろう。春本番の南房、イサキもこれからが本番!!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル