MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

手軽でおいしい! 走水~猿島沖のマアジ【東京湾・走水〜猿島沖】

知名度が高く、身近な存在のマアジ。お手軽でありながら、やり込んでいくほどに奥は深く、ビギナーからベテランまで幅広い層に楽しまれているターゲット。そのアジ独特の小気味良い引きを楽しもうと3月11日に走水港「政信丸」へと釣行に出た。

「他のアジとは脂の乗りが違う」と言う釣り人も多く、刺身、塩焼き、唐揚げ、フライなど、どんな食べ方でも美味しい

猿島沖ではアタリが多く、一荷も多かった。

当日は走水沖〜猿島沖を広範囲に狙った。

走水沖では良型がそろった。

魚が寄るまでは、手返しよく仕掛けを投入しなおしてコマセをまこう。

掛かりどころがよければ抜き上げよう。

今夜はこいつで一献。

船で配られるエサはアカタンだが、アオイソメなども準備しておけば万全。

コマセはイワシミンチ、ビシは130〜150号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

東京湾口で釣れるアジは、栄養豊富な海で育ち体高のある金色に光り輝く幅広な魚体が特徴だ。「他とは脂の乗りが違う」と言う釣り人も多く、刺身、塩焼き、唐揚げ、フライなど、どんな食べ方でも美味しい。独特な釣趣と合わせて食の面での楽しみも大きい人気のあるターゲットなのだ。
その美味しいアジを狙って走水港「政信丸」では、10名限定の予約乗合で出船している。3月中旬の時点では、走水沖〜猿島沖にかけてが好調。サイズは25〜30㎝が主体でトップ50匹以上も珍しくない。
今の時期、好調な日には入門者でも、それなりに数が釣れて楽しめるだろう。数を伸ばすには積極的に追い食いを狙っていきたい。アタリがきてもスグに巻き上げないこと。引きが一段と強くなり、重さが増してから巻き上げると、ダブル、トリプルで釣れ上がって釣果も良くなる。
陽気がよくなってきたので、仲間を誘って東京湾口の好調な美味しいアジを釣りに出よう!

以上の記事は「つり丸」2012年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
最新記事
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読