MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アタリいっぱい!! ライトタックルウイリー五目【相模湾・茅ヶ崎沖】

アタリいっぱい!! ライトタックルウイリー五目【相模湾・茅ヶ崎沖】

ゴールデンウイークに仲間や家族と気軽にできる釣りをお探しのあなたには、相模湾のライトタックルウイリー五目がおすすめだ。ライトロッドに小型両軸リールという軽量なタックルはビギナーでも扱いやすく、釣りやすい。さらにライトタックルなら魚の引き味もダイレクトで、1匹の魚を釣るヨロコビも大きい。

perm_media 《画像ギャラリー》アタリいっぱい!! ライトタックルウイリー五目【相模湾・茅ヶ崎沖】の画像をチェック! navigate_next

良型アジ主体にお土産たっぷり!

エボシ岩周りなど、ポイントは茅ヶ崎沖周辺。

ライトタックルでこんなアジの3点掛けともなると、引き味も最高!!

「沖右ヱ門丸」のライトウイリー五目乗合。今のメインターゲットはアジ。大型まじりで数釣りできるぞ。

釣れる魚はマアジ、マルアジ、ムロアジ、カサゴ、イシダイ、イサキ、ウマヅラ、カワハギ、メバル、サバ、ウルメイワシなどなど。

この日は中、大型のマアジ主体にマルアジ、ムロアジなどがまじり、16〜35㎝を30〜48匹。クーラーズッシリだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」。

相模湾、茅ヶ崎沖のライトタックルウイリー五目は、ゴールデンウイークに仲間や家族と気軽に楽しんでほしい釣り物だ。
茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLTウイリー乗合では、このところマアジ主体に釣れており、16〜35㎝と大型まじりでいい日はトップ48匹。まじりは日にもよるが、マアジのほかにマルアジ、ムロアジ、イサキ、メバル、カサゴ、ホウボウ、カワハギ、イワシなどなど。
ビシは40号を使用するので、ライトロッドに小型両軸リールの軽量なタックルでできるのがいいところで、ビギナーや子供さんでも十分楽しめる。ウイリーシャクリはベテランも夢中になる奥の深い釣りでもあるが、「シャクって止める」の基本動作さえできれば、だれでも簡単に魚のアタリと引きが楽しめるはず。
ライトで疲れも少なく、おいしいお土産もタップリだ!

LT五目仕掛け&ウイリー五目の基本

ゴールデンウイークにおすすめの相模湾のLT五目。気が向いたときに気軽に出かけても楽しい釣りができるぞ!

ロッドはライトゲームロッドなど。リールは小型両軸にPE2〜3号。貸し道具もある。

ビシはサニービシちびライトなど、40号を。

仕掛けはウイリー2〜3本プラス空バリ1本。すべてウイリーバリの仕掛けでもいい。

タックルは長さ1.8〜2.1mぐらいのライトロッド、ゲームロッドなど。リールは小型両軸リールに道糸はPE2号前後。宿に貸し道具もあるので、それを借りてもいいだろう。仕掛けはウイリー2〜3本プラス空バリ、または全部ウイリーバリの3〜4本バリ仕掛け。
「ウイリーシャクリは凝りだしたら、かなり奥の深い釣りですけど、基本さえできればビギナーでも十分楽しめますよ」と「沖右ヱ門丸」豊永直人船長。その基本とはおおむね以下のような要領だ。
ポイントは茅ヶ崎周辺の水深20〜30m中心で、タナ指示は海底からと海面からの2通りある。
海底からの場合は上のイラストの要領で、指示ダナの上限まで探ってやる。
魚礁周りやきつい根周りなどは根掛かりを避けるために、海面からのタナ指示で釣ることになる。
「海面から15mまで落として、そこから10mまで探ってください」といったアナウンスがあるので、道糸のマーカーでしっかりタナを取り、5mの間をシャクって誘いをかける。豊永船長は、さらに「その間を2往復したら、一度上げてコマセを入れ換えてください」と細かく指示を出してくれるので、ビギナーはとくにアナウンスをよく聞いて、その通りにやってみるのがいいだろう。
コマセカゴは下窓を全閉にして、上窓で出方を調節する。だいたい指示ダナを2往復して上げたときに、ほんの少しコマセが残っているぐらいが目安だ。
シャクリは力を入れすぎず、ソフトに「スッ」と約50㎝の幅で。そして、シャクったら必ず待つ。
「ビギナーのひとには50㎝ずつの幅でシャクって5秒待ってと伝えます。まずはこのシャクリ方を基本に釣ってください」と船長。
とくに指示がない場合は、この基本型でやっていれば魚が食ってくるはず。
1匹ずつでもいい引きが楽しめるのがLTのいいところだが、アジの場合は追い食いを狙ってみるのもいい。群れが濃ければ、数メートルの間をゆっくり巻き上げるだけで追い食いしてくる。LTで2点掛け、3点掛けとなると引き味も最高だ。
慣れてきたらシャクリの間隔、スピードなど色々試してみよう。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル