MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東海最大の大場所で乗っ込みマダイスタート【御前崎沖オモリ〜カド】

東海最大の大場所で乗っ込みマダイスタート【御前崎沖オモリ〜カド】

月の声を聞くころになってようやく、マダイの「乗っ込み」の気配が感じさせられるようになった駿河湾。なかでも御前崎沖はこの海域最大の「乗っ込み場所」といってもいいだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》東海最大の大場所で乗っ込みマダイスタート【御前崎沖オモリ〜カド】の画像をチェック! navigate_next

今期は遅れ気味、いよいよ乗っ込みシーズンスタートだ!! ハリス長15m重たい仕掛けが定番

オモリやカド根には最盛期には船団が形成されるほど、人気エリアだ。

カド根でヒットしたマダイ。乗っ込みはこれからだ。

船長の指示でタナを上げ下げ。それが、誘いの合図。強烈な引きこみがあるのでドラグは緩めが基本。

大ダイ実績No,1。大場所オモリの乗っ込み開始!!

ダブルヒット中! 誰かの竿が曲がったらチャンスだと思おう。

「すごい引きでしたよ。これがマダイだったらなあ……」

タモ取りをしてくれる大船長の大澤克博さん。

「100歳のおばあさんの誕生日の祝いダイが釣れたよ!」とは、東京から電車で通う常連さん。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

御前崎沖オモリとカド根の乗っ込みマダイシーズンがいよいよスタート!
今期は寒気の影響でシケの日が多く、3月中はほとんど出船ができなかったが、駿河湾で最大のマダイ乗っ込みポイントとして知られる“オモリ”へ出かけてみると、のっけからまずまずのマダイの反応。乗っ込みが始まったばかりの雰囲気がぷんぷんしているので、ゴールデンウイーク前後にXデーがあるのではないか、と予想される。オモリの水深は70〜80m。なだらかな瀬に産卵を控えたマダイが集まってくる。
「ロングハリスでマダイを釣る」というのが代名詞であったオモリだが、近年はハリス長15mの重い仕掛けが流行。
「メジャーポイントですから、時合を逃さないように!」と御前崎「博栄丸」の大澤洋輔船長が話す。
4月14日には、新東名も開通。静岡県内の高速道の混雑は解消されるのでぜひこの機会に出かけてみてはいかが。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル