MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】

ゴールデンウイークの釣行にオススメの釣りとして紹介するのが、新安浦港出船の猿島沖周辺を狙うアジ。猿島沖のアジは、早春の時期から好調が続いている。「絶好調のピークは過ぎたと思います」と、今回取材した新安浦「長谷川丸」の岩瀬正紀船長は言うが、それでも半日でトップ50匹前後の日が続き、時にはトップ60匹以上の日もあるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》好調続きの東京湾のマアジ、半日船で楽しめる【東京湾・猿島沖周辺】の画像をチェック! navigate_next

ゴールデンウイークの釣りは新安浦出船のアジ釣りだ!

思わずニンマリな釣果です。

食いがいいときは追い食いさせて、ダブル、トリプルを狙って楽しもう!

追い食い成功! ダブルだぁ!!

これが猿島周りのマアジ。脂の乗りがよくとても美味だ!

中小型が多い猿島周りのアジだが、今年は厳寒期から平均サイズがいいという。

「長谷川丸」のアジ船では猿島周りをメインに狙うが、状況次第では観音崎沖周辺も狙う。

ポイントの水深が30〜40mと浅くても、ノーマルタックルで狙うのが猿島周辺のアジ釣りのスタイル。

ポイントの水深は30m前後を狙った。タナは海底から2mぐらい。

ビシは130号を使用する。

船宿で支給される付けエサはアカタン。アオイソメは宿で購入可能。

仕掛けはオーソドックスなビシアジ用でOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「長谷川丸」。

ゴールデンウイークを始めとした春の行楽シーズンに、家族や仲間を誘って手軽に楽しめる釣りといえば、アジは外せないだろう。一般的に「ビシアジ」と呼ばれる、コマセを使ったアジ釣りは、コマセ釣りの基本と呼ばれる。それだけに基本動作をしっかりと押さえておけば、慣れない人でも型を見るのは難しくないのだ。また、食べても美味しく、お土産としてとくに喜ばれる魚だ。
都心から近い東京湾、相模湾では、通常のビシアジ船のほか、ライトアジ船や半日船などいろいろなスタイルのアジ船が出船し、釣り場も船によってさまざまだ。なかでもおすすめなのが、このページで紹介している半日船の猿島周りを狙うアジ釣りだ。
おすすめの理由は早春の時期から好釣果が続いていること。食べても美味しく、とくに春は脂が乗っていること。ポイントの水深が30〜40mと浅いこと。電車釣行が可能なこと。出船形態が午前、午後の半日船で、予定に合わせて時間を有効に活用できるからだ。
4月前半の時点でも、猿島周りのアジは好調が続いている。とても美味しいアジが、トップで50匹以上釣れることも珍しくなく、60匹以上釣れる日もある。ゴールデンウイークの行楽プランに、猿島周りのアジ釣りを取り入れてみてはいかがだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル