MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

3月中旬に開幕した久里浜〜剣崎エリアは例年にないほどの大型マルイカで盛り上がっている。

群れの特性を理解すれば、どんな釣り方でもバクバクだ!

小澤由梨香チャンは超大型ゲット! 「マルイカは2回目なんですが、おもしろい!」

剣崎沖では入れ乗りタイムも!

入れ乗りタイムは上の方のスッテにのることが多かった。

スッテは6、7㎝の大型がよかった。

久里浜沖で型を見た後、剣崎沖へ。水深40mでバクバクタイムが始まった。

マルイカとはちょっとアタリが違うムギイカ。食べては最高だ。

いきなりズドンと乗ってくるアカイカ級の大型が多いのも、このエリアの特徴だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸」。

久里浜から剣崎沖は大型ラッシュに沸いている。
「今シーズンは3月26日からスタートしましたが、今年はとにかく大型が多いですね。数も50杯前後で好調です」と久比里「山天丸」の臼井雄二船長。
胴長30㎝オーバーは当たり前の良型ぶりで、乗り味は満点だ。このエリアは潮が速いポイントだが、取材当日は剣崎沖40mダチで流れトロトロの絶好のマルイカ日和。ひとたび反応が見つかると、大型が2杯、3杯と多点掛けであがってくるシーンも。こんな状況だと7㎝スッテのブランコ仕掛けが有利になることもある。直結、直ブラ派もこの大型対策をしていけば、ゲーム性もより増してさらに楽しめるはずだ。
今後、久里浜沖周辺では、アシカ島周り、野比など水深10m程度の超浅場ポイントでも楽しめるようになる。ここで釣れ出せばLT直結、直ブラの独壇場となる。今後が楽しみなポイントだ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読