MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

超大型マルイカの群れが期待できる!【三浦半島・久里浜~剣崎沖】

3月中旬に開幕した久里浜〜剣崎エリアは例年にないほどの大型マルイカで盛り上がっている。

群れの特性を理解すれば、どんな釣り方でもバクバクだ!

小澤由梨香チャンは超大型ゲット! 「マルイカは2回目なんですが、おもしろい!」

剣崎沖では入れ乗りタイムも!

入れ乗りタイムは上の方のスッテにのることが多かった。

スッテは6、7㎝の大型がよかった。

久里浜沖で型を見た後、剣崎沖へ。水深40mでバクバクタイムが始まった。

マルイカとはちょっとアタリが違うムギイカ。食べては最高だ。

いきなりズドンと乗ってくるアカイカ級の大型が多いのも、このエリアの特徴だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・久比里「山天丸」。

久里浜から剣崎沖は大型ラッシュに沸いている。
「今シーズンは3月26日からスタートしましたが、今年はとにかく大型が多いですね。数も50杯前後で好調です」と久比里「山天丸」の臼井雄二船長。
胴長30㎝オーバーは当たり前の良型ぶりで、乗り味は満点だ。このエリアは潮が速いポイントだが、取材当日は剣崎沖40mダチで流れトロトロの絶好のマルイカ日和。ひとたび反応が見つかると、大型が2杯、3杯と多点掛けであがってくるシーンも。こんな状況だと7㎝スッテのブランコ仕掛けが有利になることもある。直結、直ブラ派もこの大型対策をしていけば、ゲーム性もより増してさらに楽しめるはずだ。
今後、久里浜沖周辺では、アシカ島周り、野比など水深10m程度の超浅場ポイントでも楽しめるようになる。ここで釣れ出せばLT直結、直ブラの独壇場となる。今後が楽しみなポイントだ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル