MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の壱【外房・飯岡沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の壱【外房・飯岡沖】

5月から7月にかけては、各地でいいアジが釣れる。一年中釣れる魚だが、この時期のアジは脂が乗っていてとてもおいしい。刺し身や塩焼にしても抜群なのだが、つりまるがオススメしたいのは『アジフライ』。脂の乗ったアジをフライにすれば、ホクホクジューシーで最高に旨い。旬のアジを釣って、そして究極のアジフライを堪能するのだ!

外房・飯岡沖のサビキ&コマセアジ

朝の2時間ぐらいは港前で、コマセなしのサビキ仕掛けでアジを狙う。

コマセ釣りでは、こんな40㎝を超える大アジが狙える!

今回取材にご協力いただいた「隆正丸」。大型船でアジ・ハナダイ五目のほかヒラメにも出船中。

「旬のアジが絶好調に釣れている!」と自信を持ってオススメできるのが外房・飯岡沖だ。
飯岡沖を狙う多くの船宿は、主に2種類の釣り方でアジを釣っている。一つはコマセなしでサビキ仕掛けで狙う「サビキアジ」。アジの反応を追いかけるように狙うので「追っ掛けアジ」とよく呼ばれている。もう一つはアミコマセを用い、ビシ&テンビン仕掛けで狙う「コマセアジ」だ。

使用するサビキ仕掛けによってアジの反応も大きく変わる!

【サビキアジ編】サビキ仕掛けはサバ皮が必須

飯岡「隆正丸」の「サビキアジ」は、港前の水深10m前後を狙う。束釣りをするひとが出るほど爆釣なのだが、しかし侮ってはいけない。使用するサビキ仕掛けによってアジの反応も変わり釣果に差が出やすい。サバ皮サビキ仕掛けは、3種類くらいは用意したい。「隆正丸」ではサバ皮サビキをすすめており、実績も高い。枝ス2号、幹糸4号、ハリ数は6〜10本が標準だ。

【コマセアジ編】タックル&仕掛けはコマセのハナダイと同じ

「隆正丸」の芳野義之船長がすすめる追い食い法は2つ。基本とも言える方法が、イラスト内に示す「追い食い法①」。最初のアタリがあったら、軽くアワせ、そのまま待つだけ。最初に掛かったアジが暴れることで、ビシからコマセが出て、周囲のアジが寄って追い食いするという流れだ。

冴え渡るサビキ仕掛け! 良型のアジを立て続けに激釣!!

朝のサビキ仕掛けでダブル、トリプル連発!

コマセで釣れる良型アジは、食べごたえもある。

贅沢なジャンボアジフライは外はサクサク中はフワフワ、ビールのツマミにご飯のおかずにもってこいっ!

この取材で釣れた40㎝級のアジで、特大のアジフライを作ってもらいました!(料理協力 ちゃんこだるまや)

取材を終えた後、永井名人が経営する「ちゃんこだるまや」で代表料理を作ってもらった。コマセで釣れた40㎝級のアジは、丸々1匹を使った贅沢なジャンボアジフライに。外はサクサク、中はフワフワの食感でビールのツマミやご飯のおかずに最高。サビキ仕掛けで釣れた中小アジは、脂の乗りが良く、ナメロウと南蛮漬けが激ウマだった。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の弐」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読