MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の壱【外房・飯岡沖】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の壱【外房・飯岡沖】

5月から7月にかけては、各地でいいアジが釣れる。一年中釣れる魚だが、この時期のアジは脂が乗っていてとてもおいしい。刺し身や塩焼にしても抜群なのだが、つりまるがオススメしたいのは『アジフライ』。脂の乗ったアジをフライにすれば、ホクホクジューシーで最高に旨い。旬のアジを釣って、そして究極のアジフライを堪能するのだ!

外房・飯岡沖のサビキ&コマセアジ

朝の2時間ぐらいは港前で、コマセなしのサビキ仕掛けでアジを狙う。

コマセ釣りでは、こんな40㎝を超える大アジが狙える!

今回取材にご協力いただいた「隆正丸」。大型船でアジ・ハナダイ五目のほかヒラメにも出船中。

「旬のアジが絶好調に釣れている!」と自信を持ってオススメできるのが外房・飯岡沖だ。
飯岡沖を狙う多くの船宿は、主に2種類の釣り方でアジを釣っている。一つはコマセなしでサビキ仕掛けで狙う「サビキアジ」。アジの反応を追いかけるように狙うので「追っ掛けアジ」とよく呼ばれている。もう一つはアミコマセを用い、ビシ&テンビン仕掛けで狙う「コマセアジ」だ。

使用するサビキ仕掛けによってアジの反応も大きく変わる!

【サビキアジ編】サビキ仕掛けはサバ皮が必須

飯岡「隆正丸」の「サビキアジ」は、港前の水深10m前後を狙う。束釣りをするひとが出るほど爆釣なのだが、しかし侮ってはいけない。使用するサビキ仕掛けによってアジの反応も変わり釣果に差が出やすい。サバ皮サビキ仕掛けは、3種類くらいは用意したい。「隆正丸」ではサバ皮サビキをすすめており、実績も高い。枝ス2号、幹糸4号、ハリ数は6〜10本が標準だ。

【コマセアジ編】タックル&仕掛けはコマセのハナダイと同じ

「隆正丸」の芳野義之船長がすすめる追い食い法は2つ。基本とも言える方法が、イラスト内に示す「追い食い法①」。最初のアタリがあったら、軽くアワせ、そのまま待つだけ。最初に掛かったアジが暴れることで、ビシからコマセが出て、周囲のアジが寄って追い食いするという流れだ。

冴え渡るサビキ仕掛け! 良型のアジを立て続けに激釣!!

朝のサビキ仕掛けでダブル、トリプル連発!

コマセで釣れる良型アジは、食べごたえもある。

贅沢なジャンボアジフライは外はサクサク中はフワフワ、ビールのツマミにご飯のおかずにもってこいっ!

この取材で釣れた40㎝級のアジで、特大のアジフライを作ってもらいました!(料理協力 ちゃんこだるまや)

取材を終えた後、永井名人が経営する「ちゃんこだるまや」で代表料理を作ってもらった。コマセで釣れた40㎝級のアジは、丸々1匹を使った贅沢なジャンボアジフライに。外はサクサク、中はフワフワの食感でビールのツマミやご飯のおかずに最高。サビキ仕掛けで釣れた中小アジは、脂の乗りが良く、ナメロウと南蛮漬けが激ウマだった。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の弐」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読