沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

お土産率激高、東京湾のアジを攻略! LTアジ編【東京湾】

お土産率激高、東京湾のアジを攻略! LTアジ編【東京湾】

東京湾ではアジの好調が続いている。しかも、その釣れっぷりがスゴイ! 束釣りすることもしばしばで、今ならビギナーの人でも高確率で、まとまったお土産が期待できる。さらに東京湾のアジは食べても美味なのも魅力。ここでは東京湾でおこなわれているライトタックルを使うLTアジを解説する。


東京湾奥の浅場で、手軽にアジ釣りを楽しむならLTアジ。中小型主体ながらも、これまた激うまアジが数釣れる!

取材当日は八景沖の20〜30mを狙った。

永井名人は良型まじりの一荷。

こちらも良型。

開始早々にトリプル!

ライトタックルだから、アタリもわかりやすく、釣りやすい!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

東京湾奥のライトアジも、この夏は好調が続いている。近年では、ライトアジ船を出している多くの船宿が、半日船、またはショート船で出船している。一日船より釣り時間が短いながらも、コンスタントにトップ50〜70匹という釣果を記録。半日船よりも釣り時間が長いショート船では、束釣りも珍しくない状況だ。
「これからは八景沖などの港から近い、水深20〜30mの浅場をメインに狙っていきます」とは今回取材した金沢八景「黒川丸」の貝塚英明船長。
このように近場の浅場で、さらに軽量タックルで狙うライトアジはビギナーやファミリーにも最適。しかも、今好調に釣れているので、チャレンジするにはもってこいなのだ。
今後は夏休みも控えており、絶好の行楽シーズン。休みの日には友人や家族を誘って、美味なアジが釣れるライトアジを楽しもう!

竿はライト用先調子、リールは手巻きか電動

「黒川丸」ではビシは40号を使用。仕掛けは通常のビシアジ用でOK。

付けエサはアカタンとアオイソメが配られた。

ライトアジは多くの船宿が30〜40号のビシを使用する。
そのため、竿は30〜40号のオモリに対応した、7対3〜8対2の先調子がオススメだ。これは通常のビシアジと同じく、先調子竿の方がコマセをまきやすく、アタリが取りやすい。長さは1.5〜2.1mぐらい。
リールは小型の手巻きでオーケー。この時期のポイントの水深は、たいてい10〜30mぐらいの範囲。使用ビシも30〜40号なので、手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。
これに道糸として、PEラインの2号以下を150m以上巻いておく。
手巻きリールで十分快適に釣りができるが、超小型電動リールでも問題はない。金沢八景「黒川丸」のLTアジ取材では、永井名人は超小型電動リールを使っていた。仕掛け回収時は、キーパーに竿を掛けて電動のスイッチを入れれば手が空くので、次の投入準備の作業ができる。とくに食いがよく、数を伸ばしたいときには、とても有効だ。

正確なタナ取りとコマセワークが大事

「ビシが小さいから、コマセを詰めすぎると出にくくなるよ!」と永井名人。

タナ取り時にしっかりとコマセをまくのが基本。

チャンスタイムには一荷を連発した永井名人。

ライトアジの釣り場は、通常のビシアジとは違い、港から比較的近く、さらには浅い場所がメイン。使用ビシも軽いので、激流のように潮が流れる場所を釣ることはない。そのため、速潮でタナ取りが難しいという状況に遭遇することは少ないが、それでも正確にタナを取ることが大事だ。
「ビシが底に着いたら、必ず糸フケを取って糸を張ってから、タナまで巻き上げてください。糸フケが出ている状態で、タナまで巻き上げると正確にタナが取れません。とくに慣れない初心者は、これに注意してください」と話すのは金沢八景「黒川丸」の貝塚英明船長。
タナ取り時のコマセワークは、タナが底から2mの場合は次のとおり。ビシの着底後に糸フケを取ったら、1m巻き上げて竿を1シャクリしてコマセをまき、さらに1m巻き上げて竿を1シャクリしてコマセをまいてタナでアタリを待つ。
タナで1分ほど待ってアタらなければ、タナを取り直すか、仕掛けを再投入する。仕掛けを入れっぱなしではアタリが遠くなるので、手返しよく仕掛けを入れ替えよう。

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

東京湾にビッグシーバスシーズンが到来している! 一年で最も90㎝オーバーに近い時期、それがまさに今! なのだ。「10月中旬くらいからスタートするのが例年のパターン。ぜひ、90㎝オーバーを狙ってもらいたいですね」と話す、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

「全体的には好調ですよ。いっときのようなトップ30本から60本という釣果は落ち着きましたけど、アベレージサイズがアップして釣り応えがあると思いますね」 教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」でルアータチウオを担当する佐野一也船長。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読