MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激戦区だが今年はイカが多いから初心者も安心【烏帽子岩~江の島沖】

激戦区だが今年はイカが多いから初心者も安心【烏帽子岩~江の島沖】

相模湾中央エリアのポイントは、茅ヶ崎の烏帽子沖から、東は江の島、葉山、亀城根周辺までで、西は大磯、二宮など西湘方面と、ほぼ相模湾の東から西までと大変広い。そのなかでも、4月上旬現在、最も好調なのが烏帽子から江の島にかけての一帯だろう。

激戦区はLTが強い! 水深40mの浅場にも入ってきた、オモリ30号使用も近いぞ!

当日の竿頭は43杯。「今日は渋い!」(船木船長)でもこの釣果!4月上旬現在、最もホットなエリアだ。

激戦エリアをどう攻略し、竿頭になるか。そんな楽しみもマルイカにはある。

タリをいかに出して掛けていくか、がキモだ。

このエリアでは前号で解説した「アタリを出す」ためのテクニックが必須なのだ!!

仕掛けは直結または直ブラだ。

激戦区といってもイカはたくさんいるので入門にも今年は最適。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

今期最も好釣果が出ているエリアが、ここ相模湾中央エリアだろう。〝今日はいい日だった〟という日は当然トップ束超え、まあ普通かなという日で70杯前後、ダメだった…という日でも40杯前後。そんな釣果が継続して出ているのだ。
中央エリアといってもその範囲は広く、東は亀城根周辺から西は西湘方面までとほぼ相模湾沿岸全域。4月上旬現在、そのなかでも核となっているのが、烏帽子岩沖から江の島にかけての水深40m前後だ。
ここの特徴は「激戦区」であるということ。船数はもちろん、釣り人の数も非常に多い。「庄治郎丸」は連日大型船2隻出しという盛況ぶりだ。
つまり、ここのマルイカは〝常にスレている〟と考えたい。とはいっても「今年はイカが多いから初心者でも十分楽しめるよ」と船木正人船長。入門にも最適だ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読