MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよ本格シーズン到来! クロダイ落とし込みゲーム【東京湾】

いよいよ本格シーズン到来! クロダイ落とし込みゲーム【東京湾】

「今年もいい感じに始まりましたよ。様子を見に来ませんか?」声の主は、アイランドクルーズFCの遠藤正明船長。同船のクロダイ部門、「舟黒」では今年もクロダイ落とし込み釣りの乗合船をスタートしている。

perm_media 《画像ギャラリー》いよいよ本格シーズン到来! クロダイ落とし込みゲーム【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

デビューするならいまだ! 擬似餌であるクロダイキャンディーの威力を体感しよう

さいたま市の新井賢さんは、この釣りにどっぷりとはまった釣り人の一人。

50㎝級ともなれば、重量感ある引きを存分に味わえる。

シャープなアワセでしっかり掛けてスリリングなファイトを満喫しよう。

コイツをアテに今宵は一献。

タックルは小型スピニングリールが定番。常連さんはレバーブレーキタイプを好んで使用している。

平塚市の相澤勇一さん。

リリースするクロダイは可能な限りダメージを与えないようにやさしく扱おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC(舟黒)」。

マニアックな釣り人は周年楽しんでいるが、一般的には乗合出船がスタートする3月からがクロダイシーズンと言っていいだろう。初期にあたるこの時期は、産卵を意識した50㎝クラスのグッドコンディションを狙えるのが最大の魅力だ。
好釣果を横目にすること約1ヵ月。4月上旬になってようやく誘い水に乗り、同船取材をお願いした。
「春はぜひ50㎝オーバーを釣ってほしいですね。エサ釣りでもクロダイキャンディーでも釣れていますが、クロダイキャンディーを使った釣りは手返しが早いので、うまくハマると数を伸ばす人が多いですね」
とは、当日、舵を握ってくれた家田シゲヒロ船長。
干潮前後の、理想的とはいえない時間帯での釣りだったが、それでも手練れぞろいのおかげで、開始直後からヒット! 途中、釣りあぐねる時間帯もあったが、終わってみればトップ4枚。51㎝、52㎝という大型も顔を出し、春はビッグサイズ! を裏付ける釣果となった。
取材日は、たまたまクロダイキャンディーでの釣りを得意とするメンバーばかりだったが、エサ釣りでももちろん楽しめる。付け替える必要がなく、次々とポイントを撃っていくことができるのが擬似餌であるクロダイキャンディーの魅力。しかし、エサを使いわけたり、ヘチ竿とタイコリールを使った、旧来からの落とし込みスタイルで挑むのも捨てがたい魅力がある。いずれを選ぶかは釣り人次第だ。
東京湾のクロダイ落とし込みゲームは、これから右肩上がりに最盛期へと突入していく。数釣りが楽しめる夏場に釣りまくりたい? それなら、デビューはいまがおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
オクマより高剛性レバードラグリール登場「カバラ レバードラグリール」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル